【OH様の大穴搾り】中山金杯/中山・京都金杯/京都

 競馬ファンの皆さん、明けましておめでとうございます。

 昨年、ボクのコラムをお付き合いいただいた皆さん、よもやボクの予想に乗ったりしなかったでしょうね・・・(笑)

 『おかげで大損したわい!!』って言いたい方いらっしゃいます・・・?

 『ボクの方がどえらいことになっとるわい!!』・・・・泣・・・号泣・・・

 さて、昨年は確かに不調でした。反省点としては安全に行こうとする傾向があったように思えます。ボクのモットーであった面白そうな馬探しの原点を忘れていました・・・

 って、ことで今年はタイトル通り穴馬の搾り出しを中心に予想は単勝と馬単を軸に行こうと思っています。


 では今年最初の予想はこちらから・・・

 『中山競馬11R 第66回中山金杯 GⅢ 4歳上オープン ハンデ 芝2000M 内回りCコース 13頭 15:30発走』

 本命は1番のシャイニープリンスです。中山金杯はハンデ戦ながら重ハンデの馬が割と活躍します。比較としてアイルランドSでの斤量です。3着のクラリティスカイは当時57キロに対し同馬は58キロ。今回は1キロこちらの方が軽くなってますので逆転は可能でしょう。

 対抗は6番のダノンメジャー。ここは単騎での逃げが可能ですから粘り込に期待します。

 単穴は3番のツクバアズマオー。今回は攻め馬が軽めでそこが気になりますので少々評価を落としました。

 以下、10番のストロングタイタン、8番のマイネルフロストまで。
 
画像


 馬券は1番の単勝。馬単は1番から印の各馬へ流しです。


 『京都競馬11R 第55回京都金杯 GⅢ 4歳上オープン ハンデ 芝1600M 外回りAコース 18頭 15:45発走』

 本命は15番のマイネルハニーとしました。開幕集のAコースですから先行馬は当然グリーンベルトを優先的に走れるのは絶対のアドバンテージでしょう。逃げ馬=マイネル=柴田(大)・・・狙い目でしょう

 対抗は6番のエアスピネル。明け4歳馬の中でもビッグ4とまで言われた馬です。伸び悩みましたが菊花賞3着で目を覚ましたかのような気もしますが一気にマイル戦となると・・・本命にしたいけど評価を少し落としてかかりたい・・・というのが狙いですね。

 単穴は11番のダンツプリウス。この馬以外に走破タイムが良いんですよね・・・攻め馬の時計も良いので着は拾えるかな・・・と。

 以下、12番のミッキージョイ、14番のアストラエンブレムまで。
 
画像


 馬券は15番の単勝。馬単は15番と6番から印の各馬へフォーメーションとします。


 さて、今年一年楽しい競馬ライフを皆さん送りましょうねぇぇ・・・

 では、今年も締めはこの言葉で・・・

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 グッドラック!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック