【OH様の大穴搾り】京成杯/中山・日経新春杯/京都・知立特別/中京

 土曜日のメイン予想は3場ともに散々でしたぁぁ・・・

 まったくの狙い違いで完敗でしたな。

 京都と中京は前日発売が中止されておりますのでご注意くださいね。

 では中山から予想してまいりましょう。

 『中山11R 第57回京成杯 GⅢ 3歳オープン 芝2000M 内回りCコース 15頭 15:35発走』

 ホープフルSがGⅠへ昇格した場合、このレースの存続はどうなるんでしょうか・・・

 過去、GⅠへ直結するような馬が出てこないレースだけに立場的には微妙なのはわかりますけれど・・・

 本命は1番のサーベラージュとしてみました。デビュー戦を勝利しただけの1勝馬ですが伸びしろは大きいとみています。内枠のりを利かして経験馬たちを一蹴出来ると読んでいます。

 対抗には8番のコマノインパルス。前走は葉牡丹賞を2着と惜しいレースでした。重賞組にそれほど強力な馬がいないのでここでは上位と思っています。

 単穴は14番のベストリゾート。ここ2戦出遅れ癖があるのが引っ掛かります。狙いを1枚下げてみました。

 以下、4番のポポカテペトル、12番のアサギリジョーまで。
 
画像


 馬券は馬単で1番から印の各馬への流しです。


 一方の京都競馬場では『京都11R 第64回日経新春杯 GⅡ 4歳上オープン ハンデ 芝2400M 14頭 15:45発走』

 この時期伝統のレースと言っていいでしょう。古くはテンポイントが生涯をかけて戦ったレースと言えばオールドファンは懐かしむことができますね・・・

 本命は11番のヤマカツライデンとしてみました。すいすいと一人旅ができればシメタものなんですが・・・

 対抗は8番のミッキーロケット。神戸新聞杯ではサトノダイヤモンドと最後まで接戦を繰り広げた脚は今となっては惜しいレースと言わざる得ないですね。直線に逆の無い京都なら一気に突き抜けることができるのではないでしょうか。

 単穴は4番のシャケト。上がり馬ですね。いずれは重賞の常連となる素材なんでしょうがここは試金石だと思ってます。

 以下、10番のモンドインテロ、9番のカフジプリンスまで。
 
画像


 馬券は馬単で11番と8番の2頭軸で印の各馬へフォーメーションとします。


 そして、中京競馬場のメインは『中京11R 知立特別 4歳上1000万下 芝1400M Bコース 15頭 15:25発走』

 本命は8番のスマートカルロス。攻め馬の内容が完璧。

 対抗は15番のリヴィエール。前走で中京芝1400Mを勝っての1000万下への格上げはクラスの壁を一気に付け抜けるだけの力はあるとみています。

 単穴は4番のワントゥワン。終い32秒台の脚が炸裂しての連対ができると思っています。

 以下、5番のブレイズガール、2番のドルチャーリオまで。
 
画像


 馬券は馬単で8番から印の各馬への流しです。

 土曜日はなんとか」雪の影響も少しはありましたが競馬は開催できました。日曜日もおそらく大丈夫でしょう・・・
 では明日も・・・

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 グッドラック!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック