【日本の風習】今日は鏡開きですよ

 1月11日です。

 そう、鏡開きを行う日なのです。

 我が家は最近正月3が日を家で過ごすことがないのでお供えは形式的にホント小さいもの1個だけです。

 最近はお供え餅の中に切り餅が入っていますので今日はそれをお汁粉にしていただきましたよ・・・
 
画像


 ところで・・・鏡開きって何???

 江戸時代の商家では蔵を開くという行事があったそうですが、武家では鎧などの具足に供えたお餅を雑煮などとして食し、これを「刃柄(はつか)」を祝う習わしがあったようです。また、女性が鏡台に供えた鏡餅を開く事を「初顔」を祝うとも言い、これらが一般化したものが今の鏡開きの前身のようです。

 この場合、刃物で餅を切るのは切腹を連想させるので手や木鎚で割り、「切る」「割る」という言葉を避けて「開く」という言葉を使用するのが決まりのようでした。そして、鏡は円満を、開くは末広がりを意味するとも言われています。

 そんな意味があったんですねぇぇ・・・
 よし、明日はうちの職場のゆとり世代部下ちゃんに教えてあげよっと・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック