【総決算】グランプリホースを探せ!その2

 今日は有馬記念の人気面や枠番でのデータを検証してみませう・・・
 
画像


 人気では、1番人気は(8-3-1-4)と心強いデータがあります。上位人気まで広げてみても勝率、連対率、複勝率どれをとっても1番人気馬の成績とそん色ないことから軸は上位人気馬で問題ないのかと思われます。

 単勝オッズを見てみると、単勝「2.9倍以下」に支持された7頭のうち2007年のメイショウサムソン(8着)を除く6頭が5勝2着1頭と連対を果たしている。

 5.0~6.9倍」と「10.0~14.9倍」のエリアから3着以内に入った馬がいないのは気になるデータで、「7.0~9.9倍」のエリアが好成績を残している点や、「20.0~49.9倍」のエリアから2着馬が4頭、3着馬が3頭出ている点も見逃せないと思います。

 枠を見てみると、
 1枠(1-2-0-14)
 2枠(2-1-1-13)
 3枠(2-2-1-13)
 4枠(1-3-2-14)
 5枠(1-1-2-15)
 6枠(1-0-2-17)
 7枠(1-0-2-17)
 8枠(1-1-0-18)

 それほどバラつきは見られません。いくらか、2~4枠が少々好成績かな・・・という感じです。ですが、馬番で見ると、2番、5番、8番、10~12番、14~16番は未勝利です。

 また明日・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック