【日本人の常識】ゆとり世代のせいじゃない・・・

 今日、ボクの部下ちゃんとの会話で唖然とさせられた。

 今日12月14日は・・・

 そうです。忠臣蔵の物語で有名な「討ち入りの日」
 
画像


 
 ボクと前の席にいる入社2年目の24歳の部下ちゃんYくんとの会話です。

 ボク:『Yクン、今日は何の日か知ってる?』

 Yクン:『えっ?今日っすか?ん~~、わかんないっす』

 ボク:『討ち入りの日ジャン』

 Yクン:『えっ?うちぃぃ~???』

 ボク:『違うって討ち入りだよ』

 Yクン:『知らないっす』

 ボク:『マジ?じゃ、忠臣蔵ってのは聞いたことあるでしょ?』

 Yクン:『・・・・・^^;』

 ボク:『浅野内匠頭とか吉良上野介ってのはどう?』

 Yクン:『・・・・@@』

 ボク:『マジか・・・オレ気絶しそうだけど・・・四十七士というのが出てくるんだけどね。』

 Yクン:『あっ!それは聞いたことあるっす(`・∀・´)エッヘン!!』

 ボク:『あのさ・・・将来結婚して子供ができて、キミは後世に何を伝えるんだい?』

 Yクン:『いやぁ~~、ゆとり世代ですから^^;』


 この彼、以前にも驚かせられたのですが、祝日を全く理解してないんです。

 ボク:『1年で一番最初の祝日は?』

 Yクン:『えっ?最初っすか・・・?なんだろ???』

 ボク:『1月1日は何の日よ?』

 Yクン:『えっ?1月1日って祝日なんすか?えぇぇ~~何の日ですか?お正月??』

 ボク:『元旦って聞いたことないかい?』

 
 干支・・・十二支もやばいです・・・

 県庁所在地もダメでした。

 ちなみに、彼は好青年なんですよ。性格も明るくて仕事も前向きだし、パソコンなどがトラブルとなんとな~~く処置してくれるし。
 2年生にしちゃ、気の利くとってもいい部下ちゃんであるということは付け加えておきます。

 ただねぇ・・・一般常識がねぇ。あまりにも無さすぎるのがちょいと心配なんだわ。これから施主を初め、対外先の方と会話の際に仕事以外の話題になった時に・・・

 そんなことも教えていかなならんのが上席者の務めなのかねぇぇ・・・


 あ~~~ぁっ!日本の将来が心配なりよ・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック