【男は黙ってデ~~タとこ勝負!】阪神ジュベナイルF/阪神・カペラS/中山・名古屋日刊スポーツ杯/中京

 今週・来週の2週に渡っては阪神で2歳チャンピオンを決めるレースが続きます。

 まずは牝馬のチャンピオンを決まりますが、なかなかレベルが高いようなメンバーですね・・・

 『第68回阪神ジュベナイルフィリーズ GⅠ 2歳牝馬オープン 芝1600M 外回りAコース 18頭 15:40発走』

 傾向としては人気馬はそれなりに結果を出しているようで、出走回数が3戦以内というのが強く出ています。

 本命は2番のソウルスターリングです。前走のアイビーSではスタートから楽に先行出来て競馬がしやすかったのはありますが反応の良さや末脚の確かなことは強力な武器だと思います。

 対抗は18番のリスグラシュー。こちらを先ほどまで本命に打っていましたが、前走の競馬っぷりからすると今回も大外枠なので大まくりが
利くのか・・・というのが不安材料だったので1枚評価を落としました。

 単穴は4番のレーヌミノル。常に先行しての競馬ですが前走の京王杯2歳Sで差し負けしたのが気に入りません。能力のある馬だとは思いますが・・・

 以下、12番のアリンナ、11番のジューヌエコールまで。
 
画像

 
 馬券は馬単で2番と18番から印の各馬へ流します。

 一方の中山競馬場では『第9回カペラステークス GⅢ 3歳上オープン ダート1200M 16頭 15:20発走』

 傾向としては波乱傾向です。3歳と7歳以上は不振で、前走が1300M以上のレースを経験している馬が好走傾向のようです。

 本命は14番のコーリンベリーです。正直ことに入ってからの勝ち鞍は大井での東京スプリントしかないのですが、秋シーズンに入って地方交流で上位の成績をコンスタントに残していますので安定感は大きいです。

 対抗は11番のニシケンモノノフ。3か月の休養明けではありますが今年は京都のすばるS、天王山Sと2勝していますしコーリンベリー同様安定感があります。

 単穴は1番のノボバカラ。ここ2戦は不良馬場が堪えたのか、9着が続きました。1番枠は中山ダート1200Mでは不利な条件ですが相手関係からすれば上位にしておかないと怖い存在でしょう。

 以下、9番のタールタン、15番のエイシンブルズアイまで。
 
画像


 馬券は馬単で14番と11番から印の各馬へ流します。
 波乱傾向のデータがある割には1~5番人気の馬じゃん・・・


 そして中京競馬場のメインは、『名古屋日刊スポーツ杯 3才上1000万下 芝2000M Aコース 9頭 15:30発走』

 
画像


 馬券は馬連で9番と8番から印の各馬へフォーメーションとします。

 そして今日は香港のレースもありますね・・・
 相手関係がさっぱりわかりませんが・・・13頭の日本馬、頑張ってほしいものです。

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』
 皆さんにご幸運を!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック