【男は黙ってデ~~タとこ勝負!】アルゼンチン共和国杯/東京・みやこステークス/京都・みちのくS/福島

 11月の第1週あたりは晩秋、初冬どちらなんですかね・・・

 特に今年の場合、晴れ間が極端に少なかった首都圏。この二日間の気温がとても暖かく感じます。おそらく今は晩秋なのかな・・・と感じますね。

 さて、日曜日の競馬はGⅠの中休みですが東西で重要な重賞が組まれています。

 まずは東京競馬場のメインからまいりましょう。

 『第54回アルゼンチン共和国杯 GⅡ 3歳上オープン ハンデ 芝2500M Bコース15頭 15:35発走』が行われます。

 ハンデキャップレースの割には人気馬、ハンデの重い馬が活躍するという波乱の少ない傾向です。

 本命は1番のモンドインテロとしました。前走の札幌日経オープンでは着差の割には楽勝だったとみています。コース経験も春の目黒記念で5着と好走経験もあり心配ご無用。

 対抗は5番のアルバート。昨年の秋以降活躍した馬ですし、今週の攻め馬での状態を見ると復活を感じさせます。

 単穴は、11番のシュヴァルグラン。こちらも春は大活躍した馬です。調子さえ上げてくればJCや有馬記念で大仕事しそうな一頭です。

 以下、6番のクリールカイザー、13番のヴォルシェーブまで。
 
画像


 馬券は馬連で1番と5番から印の各馬へのフォーメーションとします。


 一方の京都競馬場のメインは『第7回 みやこステークス GⅢ 3歳上オープン ダート1800M 16頭 15:45発走』が行われます。なお1着馬にはチャンピオンズカップへの優先出走権が与えられます。

 本命は1番のラニです。春シーズンは海外で頑張っていましたが前走東京でのブラジルカップで復帰し3着と好走しました。そして今週の攻め馬は実戦さながらの好時計でした。

 対抗は3番のモンドクラッセ。このレースではおそらく逃げることになるでしょう。

 単穴は4番のカゼノコ。このところの安定感から印は落とせませんね。

 以下、5番のキョウエイギア、7番のロワジャルダンまで。
 
画像


 馬券は馬単で1番から印の各馬への流しとします。


 そして福島競馬場のメインは『みちのくステークス 3歳上1600万下 芝1200M Aコース 16頭 15:25発走』 

 
画像


 ここは買い目だけを。
 馬連で7番と10番から印の各馬へのフォーメーションとします。

 そしてアメリカでのブリダーズカップに関しては明日またアップしますね・・・

 では、『当たるも八卦当たらぬも八卦』
 皆さんにご幸運を!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック