【男は黙ってデ~~タとこ勝負!】東京スポーツ杯/東京・アンドロメダS/京都・フルーツラインC/福島

 秋も深まりましたなぁ・・・いや、冬が間近になりましたですかね。

 来週はジャパンカップですもんね。1年は早いもんですな。

 さて今週はマイルのチャンピオンを決定するGⅠが待っていますがスペシャリストが不在なマイルの世界です。混戦模様とみますがどうなることでしょうねぇ・・・

 土曜日の競馬は東京で2歳の重賞が組まれていますのでまずはそちらから・・・

 『第21回東京スポーツ杯2歳ステークス GⅢ 2歳オープン 芝1800M Cコース 10頭 15:30発走』

 レース傾向はデビュー戦での勝利した馬、戦歴3戦以内、1800M以上の勝ち鞍がある馬に有利な傾向です。

 本命は1番のムーヴザワールド。デビュー戦では阪神で1分47秒8のタイムで勝利しましたがそれは古馬1000万の夕月特別より0秒2速い時計。レース内容も行きっぷりの悪い内容でラスト100Mで粘り強く割り込んで勝つ芸当は東京の長い直線でこそ生きる脚質と見ました。ここを勝てば一気に来年のクラシックを見据えることができる素材と思います。

 対抗は9番のスワーヴリチャード。こちらも明らかに東京向きの脚質ですが今週の攻め馬の内容が抜群なので食い込む余地は十分です。

 単穴は5番のトラスト。地方競馬出身の泥臭さは残るもののドエライ素質を持っているようです。スクリーンヒーローを父に持つなら東京の中長距離は得意なわけでしょう。

 以下、8番のエルデュクラージュ、6番のプレスジャーニーまで。
 
画像


 馬券は馬単で1番から印の各馬への流しで。


 一方の京都競馬場のメインは『アンドロメダステークス 3歳上オープン ハンデ 芝2000M 内回りCコース 18頭 15:45発走』

 本命は4番のダイシンサンダーです。内枠でのスタートは有利でしょうし今回の攻め馬で好調はアピールできています。

 対抗は9番のトーセンビクトリー。このメンバーを見ると先手は奪えそうな感じですので前走同様自分の競馬ができれば連勝も可能でしょう。

 単穴は7番のレッドソロモン。前走の札幌記念こそ12着と惨敗でしたがそれまでは堅実なレースぶりで京都も下鴨Sで勝っていますので問題ないでしょう。

 以下、11番のオリオンザジャパン、5番のエキストラエンドまで。
 
画像


 馬券は馬連で4番と9番から印の各馬へのフォーメーションとします。


 そして福島競馬場のメインは『フルーツラインカップ 3歳上1000万下 ハンデ 芝2600M Bコース 14頭 15:20発走』
  
画像

 
 馬券は馬連で1番と4番から印の各馬へのフォーメーションとします。

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 皆さんにご幸運を!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック