【男は黙ってデ~~タとこ勝負!】京都大賞典/京都・グリーンチャンネルカップ/東京

 毎日王冠はルージュバックが最後方からの差し切りを見せ勝利しました。印象としては前哨戦的なレースぶりだったのかな・・・という感じです。天皇賞へ臨むかどうかはわかりませんが、今日と同じようなレースぶりにはならないでしょうね・・・
 本命を打ったディサイファは最後の伸び脚が冴えませんでしたねぇぇ・・・次回は変わり身を見せてくれるかちょいと不安な内容でした。

 さて3日間開催の最終日は京都で重賞が組まれています。

 『第51回京都大賞典 GⅡ 3歳上オープン 芝2400M 外回りAコース 10頭 15:35発走』

 10頭とは寂しい頭数ですが顔触れはなかなかのものではないでしょうか。
 レース傾向としては順当と大波乱との差が多きレースという印象です。4歳と5歳が中心でとりわけ4歳馬の連対率は高いですね。ここ5年の連対馬の顔触れを見ると宝塚記念組が4頭と相性が良いようですね。

 本命は1番のキタサンブラックです。ここは楽な展開で勝ちきれるでしょう。

 対抗は10番のラブリーデイ。距離的には少し長いですけど攻め馬の好調ぶりを見るとここは狙い目!

 単穴は8番のサウンドオブアース。このお馬さん、まだ2勝馬なんですよねぇぇ・・・^^;それでもゴッリゴリのオープン馬なんですよね・・・
 
 以下、6番のヤマカツスズラン、3番のアドマイヤデウスまで。
 
画像

  
 馬券は3連単で1着に1番、2着は10番と8番、3着は上記2頭に6番、3番を加えたフォーメーション。

 
 一方の東京競馬場のメインは『グリーンチャンネルカップ 3歳上オープン ダート1400M 16頭 15:45発走』が行われます。

 傾向としては1番人気馬が過去5年で未勝利、2着1回ですから信頼性に乏しい結果です。阪神1400Mに好成績を挙げている馬は相性が良いようですね。

 本命は7番のキングzyガード。ここ5戦で4勝と今、波に乗っていますからここは中心視せざる得ないでしょう。

 対抗は4番のタールタン。7か月ぶりのレースですが休み明け実績もありますし得意のコースで良い走りを見せてもらいたいですね。

 単穴は16番のプロトコル。先行したいタイプなので大外枠は少し不安材料ですけどコース得意な馬ですのでここは狙いを1枚下げてでも狙いは外せませんでした。

 以下、11番のマッチレスヒーロー、1番のブルドッグボスまで。
 
画像


 馬券は馬単で7番から印の各馬への流しとします。

 さて、3連休の最終日、楽しくまいりましょう!!

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』
 皆様にご幸運を!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック