【男は黙ってデ~~タとこ勝負!】天皇賞(秋)/東京・カシオペアS/京都・ルミエールAD/新潟

 日本シリーズはファイターズが10年ぶりの日本一の称号を勝ち取りました。今シリーズの流れが今夜も現れたようです。カープに戻りかけた流れをじっと我慢して再び訪れたチャンスをつかんだのがファイターズでした。

 ファイターズの皆さんおめでとうございます。またカープの皆さんの戦いぶりも称賛されても何らおかしくはありませんですよ・・・1年間お疲れ様でした。
 さぁ、来年こそは我がベイスターズを皆さん称賛してくださいね!!

 日曜日の競馬は何といっても天皇賞です。まずはそこから検討してまいりましょう・・・

 『第154回天皇賞(秋) GⅠ 3歳上オープン 芝2000M Bコース 15頭 15:40発走』

 昨年こそ1番人気が勝ちましたが過去は1番人気馬の着順はあまり良くないです。またステップとしては毎日王冠組が好成績です。

 そんな中、本命は1番のエイシンヒカリとしました。枠順からしてもスタートと同時に楽に先手を奪ってペースをつかむことはできるでしょう。武豊騎手の思うつぼのレースができるはずです。

 対抗は9番のルージュバック。前走の勝ち方を見たらこの馬で仕方ないと思わせましたが、やはりそこは牝馬です。牡馬のパワーに屈すると思っています。

 単穴は3番のアンビシャス。前走はルージュバックを追いつめましたが惜しくも2着。攻め馬の内容が今一つに思えたので印を少し下げました。

 以下、8番のモーリス、12番のリアルスティール、6番のアドマイヤデウスまで。
 
画像


 馬券は馬単で1番から印の各馬への流し、3連単は1着に1番を固定、2着に9番と3番、8番、3着は上記3頭に12番と6番をマークしたフォーメーションとします。


 一方の京都競馬場のメインは『カシオペアステークス 3歳上オープン 芝1800M 外回りAコース 12頭 15:30発走』
 
 上位人気馬が好成績を残す傾向にあります。また3歳馬が好走することが多いが4歳馬を含め若い馬の方が優位と思われます。

 本命は5番のフェイマスエンドとしました。コースは得意ですし何より攻め馬の内容が抜群です。ここは狙い目!!

 対抗は12番のヒルノマテーラ。こちらもコース得意、今週の攻め馬の内容が良いと来ていますので強気に攻めてみたいです。

 単穴は8番のベルーフ。好調子が長く続いていますしこのメンバー構成なら勝ち抜いてもおかしくはありません。

 以下、2番のダンツプリウス、3番のレブランシュ、10番のダイシンサンダーまで。
 
画像


 馬券は馬連で5番と12番から印の各馬へのフォーメーションとします。


 そして新潟競馬場のメインは『ルミエールオータムダッシュ 3歳上オープン 芝1000M 直線Aコース 14頭 15:20発走』が行われます。

 波乱傾向ですが、実績は必要です。また、外枠が有利。

 本命は7番のプリンセスムーン。持ち時計もあり、今週の攻め馬の内容からすると従わざる得ない存在だと思います。

 対抗は14番のオウノミチ。千直の経験はありませんが今までの戦績からは外せません。

 単穴は、13番のシンボリディスコ。千直での実績もありますし、とけいも速かったですからここは見直す一手でしょう。

 以下、3番のレッドラウダ、2番のブライトチェリー、1番のローズミラクルまで。
 
画像


 馬券は馬単で7番から印の各馬への流しとします。

 日本シリーズも終わって寂しいなぁぁ・・・
 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 皆さんにご幸運を!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック