【新戦力】ドラフト会議2016

 今年のドラフト会議が終わりました。
 
画像


 今年は高校生、大学生、社会人ともに好選手が多く各球団の1位候補が読みにくかったですね・・・実際チームとしても直前まで1位候補が決まらなかったというのもあったそうですね・・・

 我がベイスターズは履正社高校の寺島成輝という予想が多かったようですがボクは明治大学の柳裕也に行くと思っていました。それは重複→抽選を避け1本釣りを狙うにはここかな・・・と思ってました。結果的にはドラゴンズと重複したうえ抽選で持っていかれるという裏目になっちゃいましたが・・・桜美林大学の佐々木千隼に行くべきでしたね。まさか1巡目での指名が無いとは思いませんでしたから。

 そして外れ1位の再指名で残った5チームが全て桜美林大学の佐々木千隼を指名してマリーンズに持っていかれるという不運の2連発・・・・(あぁ・・・今年のドラフトはいけない流れですねぇぇ)

 そしてウェーバーでの1位指名は、地元神奈川大学の浜口遥大。あらら???この選手はノーマークでしたわ

 調べてみたところ、『躍動感ある投球フォームから球質の重い150キロのストレートを投げ込む。スライダーのキレが有りチェンジアップはうまくタイミングを外し、緩急ある投球が出来る。スタミナも有り完投能力十分の左投手。』とありました。

 ほ~~っ!!これは案外見っけもんじゃないの更に左投手の厚さが増しますね

 続く2位指名。東海大学北海道キャンパスの水野滉也を指名。ここは中京学院大の吉川尚輝か日本大学の京田陽太に行って内野手の層を厚くしたいのでは?と思っていたけど、京田はドラゴンズに持っていかれるというアンラッキー第2弾(ドラゴンズのドラフトは大成功でしたね・・・)。
 しかしこの水野投手、『日米大学野球選手権大会の日本代表選手。右サイドから最速147キロのストレートにキレ鋭いスライダーが武器。投げっぷり良さに加え、インサイドを強気に攻めきれる度胸満点のピッチングは即戦力として呼び声高い。』とあります。いわゆる変則フォームなので打者にとっては厄介な投手だと思います。

 3位指名は今年の夏の甲子園で沸かせた選手の一人熊本・秀岳館高校の大型内野手松尾大河を指名できました。ファームで鍛えれば2年後くらいには上でもやれる素材と思います。

 4位は滋賀・近江高校の京山将弥を指名。147キロの速球を投げることができるそうなので制球力などを鍛えてくれば将来性はありそうです。

 5位には茨城・明秀学園日立高校の細川成也。大型のスラッガーだそうです。外野手の控えが手薄なベイにとっては貴重な存在になるかもです。

 6位の広島経済大学・尾仲祐哉は150キロのストレート、キレのあるスライダーが魅力。

 7位は平成国際大学の狩野行寿。50m、5秒9の俊足に強肩とユーティリティな存在になるかも。

 8位、JR東日本の進藤拓也は加賀のようなタイプになるかも・・・

 9位の明治大学・佐野恵太はバットコントロールが上手な選手。倉本の位置を脅かす存在になれるかどうか・・・

 今年の指名選択選手は即戦力になれるかどうかはわかりませんが少なくとも2~3年後には面白い存在になるのかな・・・と思わせてくれる好素材ではないだろうか???と思いました。

 さぁ皆さんようこそ、ベイスターズへ。来期の制覇は皆さんの手によって作るのかもしれません・・・

 張り切ってまいりましょ~~~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック