【未来への扉】Bリーグ開幕

 日本のバスケットボールが新しい時代の扉を開いた。

 プロバスケットボールのプロリーグ【Bリーグ】が開幕しました。

 日本のバスケットボール界は長年『日本リーグ』というアマチュア企業のチームによって競われてきましたが2008年にはプロリーグ化を前提に新リーグ日本バスケットボールリーグへ移行し「新JBL」として継続します。

 また一方で、地域フランチャイズを持つプロリーグ『jbリーグ』が2005年発足。

 日本のバスケットは2つのリーグを持つ構造となっていましたが、国際バスケット連盟から一本化を求められるようになりそれができない場合はオリンピックからの締め出しも余儀なくされ国内の見直しをした結果、今日を迎えたわけです。

 その歴史的開幕戦はJBLのチャンピオン、『アルバルク東京』とbjリーグのチャンピオン『琉球ゴールデンキングス』というレベルの高いカードでした。
 
画像


 会場の国立代々木第一体育館は9000人の観客と超満員。ゲームも白熱しハーフタイムなどのブレイクタイムにはコートがLEDコートと化し煌びやかな演出が施されるなど今までにないゲームを見ることができました。

 船出としては未来に期待を持たせる内容でしたがこの賑やかさが持続できるのかは少々疑問でもあります。

 各チームがそれを維持できる体力があるのか、また下位グループのB2でも同じような企画ができるのか集客はできるのかなどはJリーグを見てもわかると思います。

 ただ、このBリーグがこれからのバスケットボールの資質を上げて4年後の東京オリンピックをはじめ様々な世界大会で日本がランキングアップする役目になれば・・・と願うばかりです。

 そして女子のリーグにも今後は目を向けてはいけないと思いますし、他競技・・・特にバレーボールもプロリーグ化を考慮しているそうですが実現の向きになれば日本のボールゲームは更に面白くなっていくと思います。

 皆さんもお近くのチームがあれば是非ご覧ください。バスケットボールは展開も早くエキサイティングなスポーツなので楽しいと思いますよ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック