【男は黙ってデ~~タとこ勝負!】鳴尾記念/阪神

 ダービーは終わりました。

 マカヒキがダービー馬となり、川田将雅がダービージョッキーの称号を得ました。

 終わってみれば皐月賞組が順当に掲示板を独占しました。

 今週からはクラス替えとなり3歳上のレースになります。そして来年のダービー馬を目指すメイクデビューレースも始まります。競馬に終わりはありませんね・・・

 今週からは西は阪神へと舞台が変わり掉尾の宝塚記念までまた激しいレースが続くでしょう。

 土曜日はその阪神で重賞が組まれています。


 『第69回鳴尾記念 GⅢ 3歳上オープン 芝2000M 内回りAコース 14頭 15:35発走』が行われます。

 傾向としては4~5歳馬が強い印象があります。また重賞実績のある馬が強いようです。

 本命は12番のステファノス。前走は香港でのレースでしたが10着と敗れてしまいましたが昨年の実績を考えれば主役の座はそうやすやすと渡せないではないでしょうか。何よりも今週の攻め馬の状態もよく、天皇賞2着に実力を発揮してもらいたいところです。

 対抗は1番のメイショウナルト。展開的にはこの馬が逃げるのではないでしょうか。ならば見渡すと逃げ馬はこの1頭です。開幕集、1番枠、武豊騎手・・・こうなれば、期待してしまいますよね・・・

 単穴は3番のサトノノブレス。前走の天皇賞春はさすがに距離と思われますが芝2000Mともなれば、話は違いますね。

 以下、6番トラストワン、10番ヤマカツエース、7番パッションダンスまで。
 
画像


 馬券は馬単で12番のステファノスから印の各馬への流しとします。

 さぁ、ダービーが終わるとひとまず競馬場やWINSの空気が少し違ってきます。

 『当たるも八卦、当たらぬも八卦』

 皆さんにご幸運を

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック