【激走の代償】ドゥラメンテの栄光は消えない

 昨年の皐月賞、ダービーを制した現役最強馬『ドゥラメンテ』が本日、関係者から引退を発表された。

 先日の宝塚記念を2着でゴールした後、左前肢ハ行を発症し検査の結果で競争能力を喪失と判断され、競走馬登録を抹消し種牡馬入りとなった。
 
画像
 

 競走馬としてのある意味宿命とも言えるのかもしれないが、ドゥラメンテの脚質から激走の影響と言わざるを得ないと思う。

 しかしながらドゥラメンテの残した戦績は過去の名馬たちを凌ぐものが有ると言っていいと思います。

 鮮烈なインパクトを残した皐月賞、力でねじ伏せたダービー。重賞の勝利は今年に入っての初戦中山記念を含め3勝でしたが無事に走ることができれば世界の最高峰『凱旋門賞』の制覇も夢ではなかったと思います。

 その夢はこれからの2世に期待することになります。これが競馬の楽しめる醍醐味でもありますね。

 まずは、ドゥラメンテ、管理者の堀宣行調教師、その他関係者の皆さんお疲れ様でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック