【男は黙ってデ~~タとこ勝負!】宝塚記念/阪神・パラダイスステークス/東京・UHB杯/函館

 「あなたの夢はなんですか・・・」

 「私の夢はトーホウジャッカルです」

 そう、今日は春競馬の総決算、『第57回宝塚記念 GⅠ 3歳上オープン 芝2200M 内回りBコース 17頭 15:40発走』が阪神競馬場で行われます。

 ステップレース的には天皇賞(春)か鳴尾記念組となるのでしょうか。このところ牝馬も絡んできていますからヴィクトリアマイル組の調子も気になるところです。

 前走着順的には上位着順の馬が大半を占めているものの7~10着辺りの馬の巻き返しは要注意でしょう。ただしその馬たちは過去10年では天皇賞組です。

 さて本命は、冒頭にもお伝えした11番のトーホウジャッカルです。なにせ、菊花賞では狙い撃ちして美味しい馬券を仕留めた同馬です。その後は脚元の不安と闘いながら成績は残せないでいましたが今週の攻め馬を見る限り栗東販路をまっすぐに力強く駆け抜けました。ドゥラメンテを下すのはズバリこの馬を指名します。

 対抗はそのドゥラメンテ。間違いなくこの馬は強いですが目標はここではありません。凱旋門賞です。そこにスキが少しあるように思えますし、帰国後初戦の難しさも否めません。体調面は攻め馬を見ると問題なさそうですが・・・

 単穴は、8番のステファノス。昨秋の天皇賞(秋)2着以降、香港では惨敗を喫しましたが鳴尾記念では追い込んで惜しくも届かずの2着。やはり最後の脚がしっかりしているので脅威です。頭もあるかと思っています。

 以下、3番のキタサンブラック、2番のアンビシャス、12番のサトノブレスまで。
 
画像


 馬券は11番トーホウジャッカルの単勝。馬連、馬単は11番からしるしの各馬への流しとします。3連複は11番と9番の2頭軸から印の各馬への流し、3連単は1着に11番を固定、2着は9番と8番をマーク、3着は上記2頭と3番、2番、12番を加えます。


 東京競馬場のメインは『パラダイスステークス 3歳上オープン 芝1400M Dコース 13頭 15:30発走』が行われます。

 本命は、9番のミッキーラブソング。降級戦ですしここは実力の違いでちぎってもらいたいところ。

 対抗は、1番のマイネルアウラート。この馬も重賞経験馬ですし、東京を得意としています。今週の攻め馬の状態も良いので相手筆頭に考えます。

 単穴は、4番のゼウス。前走の安土城ステークス3着の勢いで食い込めるかですね。

 以下、8番のショウナンアチーヴ、3番のカオスモス、12番のアミカブルナンバーまで。
 
画像

 馬券は馬単で9番からしるしの各馬への流しとします。


 函館のメインは『UHB杯 3歳上1000万下 ハンデ 芝1200M Aコース 13頭 15:20発走』が行われます。

 昨日はかなりの雨が降ってましたが馬場への影響はどうなのでしょうね。
 本命には13番のウォーターショパンを狙ってみました。まずは今週の攻め馬の時計が函館のウッドチップコースで馬なりで好時計でした。馬場状態がよくなれば終いの脚が強烈なので一気差しを期待しています。

 対抗は3番のアスペンサミット。確実な成績を残してますので連軸には最適です。

 単穴は8番のアドマイヤゴッド。前走は京都での朱雀ステークス17着と惨敗でしたがここは降級戦ですから切り替えて走ってほしいところ。

 以下、2番のゴースルー、6番のツクバジャパンまで。
 
画像


 馬券は馬連で15番と3番から印の各馬へのフォーメーションとします。

 以下は今日のWIN5です。

① 東京10R 清里特別:14番アナザーバージョン、15番サニーデイズ
 
画像


② 阪神10R 花のみちS:14番モルトベーネ
 
画像


③ 函館11R UHB杯:13番ウォーターショパン、3番アスペンサミット

④ 東京11R パラダイスS:9番ミッキーラブソング

⑤ 阪神11R 宝塚記念:11番トーホウジャッカル、9番ドゥラメンテ

 以上の8組でいってみよ~~

 『当たるも八卦当たらぬも八卦』

 皆さんにご幸運を

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック