【迷走街道】ベイスターズ、交流戦を終えて

 もう・・・いいんだか、悪いんだか

 これが今のベイスターズ。いや、カープを除くセリーグの5球団の姿かな。

 まぁ、他球団のことはともかくベイスターズは交流戦に入る時点では-1の状態でした。交流戦の最初のカードはライオンズ戦。初戦はモスコーソの快投で先勝して5割になりましたが続く2戦では菊池、高橋のスピードで押す投球になすすべもなく借金2.

 ホームに戻ってのマリーンズ戦では3タテで貯金状態に入りました。この時点では投打のバランスがとてもいい状態でしたのでビジターでのホークス戦でも2勝することは難しいことではないと思いました。

 しかし・・・ホークスは強い付け入るスキがありそうだけど、そこをじっと我慢できる力があるんだな。そこで息継ぎをしようとする瞬間に狙いを定めてくる・・・そんな感じですかね。
 結果は3連敗ですよ。

 続くバッファローズ戦では久保、今永、山口がしっかり投げぬき12球団一の投手力を見せつけました。福岡での3連敗を3連勝とスィープして相殺しましたね。

 もうこうなれば残るホームでの6連戦はどう悪くたって4勝2敗でいけるでしょ・・・って誰もが思ってたと考えたのはボクだけじゃないよね・・・

 ところがここにきて自慢の先発陣に陰りが見えてきました・・・モスコーソは序盤で打ち込まれるし、石田は何とか試合を作っても打線の援護がない、今永も相変わらず球数が多いので後半スタミナ切れ、山口も不運もあったけど「ここでホームランは絶対ダメ」って時に打たれる負のスパイラル状態です。

 そして今日のファイターズ戦もファームで充電してきた砂田がいいピッチングをしていてもやっぱりホームランを打たれ屈辱のホームでの6連敗です。

 打線もまたもや下降線をたどっています。まずもって好調となってきたロペスが練習中のけがで離脱したのをきっかけで繋がりが崩れましたね。
 それを補うべくの梶谷は相変わらず2割をいったりきたり、筒香もマークがきついのは確かですけど打ち損じが多いよなぁ・・・

 倉本も一気に打率降下だしちょっとこれからのリーグ戦再開が不安だなぁ・・・

 それに増して、ここ数日の登録選手を入れ替えは何なのでしょうね・・・
 
 モスコーソは一度調整が必要だと思っていたので砂田を上げるのも良いかな・・・とは思っていました。

 今永を落とすのはちょっとリスクが高いのではないでしょうかね・・・ファームで三嶋とか三浦が好調ならわかるけどそうでもないでしょ???

 中継ぎの須田も落としましたがその代わりはザガースキーと平田???防御率20点台の平田って・・・案の定今日のファイターズ戦でもダメだったよね

 打線も昨日2安打を放った乙坂を落として松本??ロマックを3たび落としたのはまぁわかるけど・・・

 今週末再開の最初のカードはジャイアンツ戦をホームで迎えます。ボクは土曜日のゲームを見に行きますけど今年観戦負け無しを維持できるかなぁぁ・・・

 正直、自信ありましぇん

 まぁ、交流戦はセリーグ全体が負け組なので気分を入れ替えてまた頑張りまっしょい

 絶対勝つぞ!ベイスターズ
 
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック