【栄枯盛衰】リオへの道

 人気スポーツの一つであるバレーボール。

 女子バレーは世界最終予選でアジア代表枠を勝ち取ってオリンピック出場権を獲得しましたが男子は今日のゲームでオーストラリアにストレート負けし通算成績1勝4敗で出場権獲得が消滅しました。これで2大会連続のオリンピック出場はできなかったわけです。
 
画像


 1972年のミュンヘン大会では金メダルを獲得し、一時期はお家芸とまで言われた競技です。当時は僕もあこがれていたスポーツでしたがそれ以降は世界のランキングも下がっていき現在は世界ランク14位。アジア勢の中では8位のイラン、13位のオーストラリアに次いで3番手です。

 が、今回の最終予選では19位の中国にも敗れているような状況です。

 日本も努力はしているのですが・・・若い世代の優秀な選手も多くは出ています。しかし、世界との差は明らかで、スピード、パワー、どれをとっても勝る部分は見えてきません。

 かつてはテクニックのほとんどは日本が編み出したものばかりでした。回転レシーブ、一人時間差、クイック攻撃・・・

 そして、いろいろなメジャーな大会の多くは日本での開催が多いのもバレーボールの特徴。それはホームでの利を得れるはずなのに・・・

 黄色い声援がだんだんむなしく聞こえてくるのはボクだけでしょうか・・・

 それと番組の応援隊として出演するアイドルグループ・・・必要ですか???

 あれは外国のチームから見たらどう思うのでしょうかね?

 またいつの日か強い日本バレーを見たいと思う今夜でした・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック