【男は黙ってデ~~タとこ勝負!】ダービー馬を探せ!~その5~

 いよいよですな

 今日はご飯を食べていてもトイレに行っても洗濯してても掃除しててもダービーのことだけは頭から離れませんな・・・

 ではまいりましょうか。

 『第83回東京優駿(日本ダービー) GⅠ 3歳オープン 芝2400M Cコース 18頭 15:40発走』

 ズバリ!!本命は1番のディーマジェスティから入ります。これは皐月賞が終わった瞬間から決めていました。まずはレベルの高い今年の3歳世代馬の中で中山の急坂を11秒台の脚で後方から差し切ったパワーは東京でこそ生きると睨んでいました。大外枠から人気の盲点という立ち位置にいたことも気楽に乗れた原因でしょうが、共同通信杯を勝ったレースぶりから見てもそして今回はゲンの良い1番枠も後押しさせてくれます。また今週の最終追切の時計がずば抜けています。でも、正直1番人気とはビックリですけどね・・・
 蛯名正義に初のダービージョッキーの称号を与えてあげたいですね。

 対抗は8番のサトノダイヤモンド。この馬も明らかに府中向きの脚質でしょう。
 攻め馬の内容からしてもここがピークに仕上げてきたことは明白。首位争いは必至です。

 単穴は3番のマカヒキ。
 ここにきてさらにパワーをつけてきました。それは今週の最終追切で見せた坂路での調教がまっすぐに力強い走りでした。

 以下、12番のリオンディーズ、5番のエアスピネル、14番のヴァンキッシュラン、10番のスマートオーディン、13番のレッドエルディストまで。
画像

 
 馬券は馬連、馬単共に1番のディーマジェスティから印の各馬への流しとします。3連複は1番と8番の2頭軸から印の各馬へ流します。そして、3連単は1着に1番を固定、2着は8番、3番、12番、5番をマークし3着は上記4頭に14番、10番、13番を加えます。

 そして、ダービーデーではここ数年定着された最終レースの重賞、『第130回目黒記念 GⅡ ハンデ 4歳上オープン 芝2500M Cコース 18頭 17:00発走』
が行われます。
 
 ここ10年の傾向から見ると極端なハンデの馬が台頭するということは少ないようで55~57キロ程度の馬が連対を果たしているようです。
 また3着以内に3走以内程度の着順で上位を占めている馬がここでも上位に来る・・・つまり、好調馬がそれを維持してくることが多いようです。そして2500M戦だけに長距離経験は必要かと思います。

 本命は、15番のクリプトグラム。2400M戦で確実に着順を上げてきていますし今週の攻め馬でも豪快な動きを見せているだけにここは狙い目!

 対抗には、6番のマリアライト。昨年末はエリザベス女王杯を勝ち有馬記念でも大健闘の4着、そして前走は日経賞で3着と牝馬としは長距離戦でも牡馬に引けを取らないのはお見事の一言です。

 単穴は5番のモンドインテロ。ここ数戦長距離のレースで台頭してきました。この1戦でどのような走りを見せてくれるか楽しみです。

 以下、14番のタマモベストプレイ、13番のスーパームーン、9番のサムソンズプライド、8番のマドリードカフェまで。
 
画像

 
 馬券は15番の単勝。馬連は15番と6番から印の各馬へフォーメーションとします。

 以下は今日のWIN5です。
 ① 青嵐賞:9番エニグマバリエート、1番ゴールドメイン
 
画像


 ② 東大路S:4番タムロミラクル、8番ミキノハルモニー
 
画像


 ③ むらさき賞:2番ストレンジクォーク、16番プロクリス
 
画像


 ④ 安土城S:15番ミッキーラブソング
 
画像


 ⑤ 日本ダービー:1番ディーマジェスティ


 さぁ、今日は快晴の東京競馬場で最高のコンディションです。最高のレースを是非見たいもんですねぇぇ・・・

 『当たるも八卦、当たらぬも八卦』
 皆さんにご幸運を

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック