【男は黙ってデ~~タとこ勝負!】天皇賞(春)/京都・スイートピーステークス/東京・谷川岳S/新潟

 土曜日の重賞、『テレビ東京杯青葉賞』は4番人気のヴァンキッシュランが直線鮮やかに抜出して圧勝しダービーへの切符を手に入れました。
 例年トライアルながらあまりダービーには直結しない青葉賞のイメージがありますが今年の場合は何か予感させるものがあるのは気のせいでしょうか・・・

 さて明日は京都競馬場に於いて、古馬の頂点を決める春の大一番『第153回天皇賞(春)GⅠ 4歳上オープン 芝3200M 外回りCコース 18頭 15:40発走』が行われます。

 今やステイヤーと言う言葉も死語になりつつあるのかも知れませんが、国内最長距離のGⅠレースです。
 とにかく1番人気は10年前のディープインパクト以来勝てない、3着内も8年前のアサクサキングス以来いません。
 また、外枠が何故か来ません。ステップレースに於いても日経賞、阪神大賞典、大阪杯、京都記念を使ってきたタイプが圧倒的に多いです。

 そんな中での本命は15番のサウンドオブアースとしました。一昨年の菊花賞ではトーホウジャッカルの2着でした。それ以降も勝てないレースが続きますが有馬記念2着、前走の日経賞も2着と着実に成績は残しています。尚且つ今週の攻め馬は猛時計をマークして勢いが他馬とはちょっと違う状態と見ています。

 対抗は1番のキタサンブラック。好枠を引きましたし先行しながら自分でペースを作れるのは相当有利ではないでしょうか。こちらも攻め馬の内容は圧巻でした。

 単穴は外枠は相当減点材料になりそうですが17番のゴールドアクター。状態が良いだけに外枠のハンデキャップが残念ですね。

 以下、9番のトーホウジャッカルは明らかに前走以上の状態でしょう。6番のアドマイヤデウス、11番のタンタアレグリアは複勝圏の穴狙いです。
 
画像

 馬券は15番の単勝。馬連、馬単は15番から印の各馬へ流し、三連複は15番と1番の2頭軸から印の各馬へ流し、三連単は1着に15番と1番、2着は15番、1番、17番をマークし、3着は上記3頭に加え、印の各馬へ流しとします。
 ずっと追い続けているだけに、トーホウジャッカルの単勝をこっそりと買うつもりです・・・


 東京競馬場のメインは『スイートピーステークス(オークストライアル) 3歳牝馬オープン 芝1800M Aコース 18頭 15:30発走』
 尚、2着まで入線の馬はオークスへの優先出走権が与えられます。

 逃げ馬が見当たりませんね。難しいレース検討となりました。
 本命は7番のカマクラ。前走の時計が優秀ですが東京の芝1800Mの経験もあり、好時計をマークしている辺り府中向きと思えました。

 対抗は、6番のアオイサンシャイン。この馬が逃げることになるのでしょうか。競りかける馬がいないような前残りもあるかと・・・思えます。

 単穴は、4番のギモーヴ。前走はフラワーカップ4着ですしこのメンバーでは格上なのかな・・・という感じです。

 以下、13番のサクレディーヴァ、2番のコルバード、5番のカジノブギまで。
 
画像

 馬券は、馬連で7番と6番から印の各馬へ流しとします。


 新潟競馬場では、『谷川岳ステークス 4歳上オープン 芝1600M 外回りBコース 15頭 15:20発走』が行われます。

 本命は13番のグァンチャーレ。実績ではこの馬が1枚抜けていますね。そして今週の攻め馬の内容も好調ですから順当に勝ってくれそうです。

 対抗は11番のアルバタックス。こちらも従長に成績を上げてきていますから攻め馬の状態を見ると力は出せそうです。

 単穴は、4番のシベリアンスパーブ。前走の福島では惨敗でしたが新潟のような長い直線なら長く良い脚を使えるので保たせることが出来るのではないでしょうか。

 以下、12番のピートグラム、2番のヤングマンパワー、1番のインパルスヒーローまで。
 
画像

 馬券は馬単で13番から印の各馬へ流しとします。


 そして明日のWIN5は以下の通りです。

 東京10R 晩春S:6番トーキングドラム
 
画像


 京都10R 端午S:7番スリーラインマニラ、6番ディーズプラネット
 
画像


 新潟11R 谷川岳S:13番グァンチャーレ

 東京11R スイートピーS:7番カマクラ、6番アオイサンシャイン

 京都11R 天皇賞(春):15番サウンドオブアース、1番キタサンブラック

 明日はお天気も良いし良いレースが見られるといいですねぇぇ・・・

 『当たるも八卦当たらぬも八卦!!』

 皆さん、ご幸運を

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック