【男は黙ってデ~~タとこ勝負!】アンタレスステークス/阪神

 今週は皐月賞が行われます。いよいよ春競馬の本格的なシーズンインなわけですが、昨日来の熊本県を中心とした大きな地震の被害を考えるとあまり浮かれてもいられないという心境です。いやが上にも5年前の出来事を思い返してしまうのが今の心境です。これ以上の被害が大きくならないことを祈るばかりです。

 土曜日は阪神競馬場でダートの重賞が組まれています。

 『第21回アンタレスステークス GⅢ 4歳上オープン ダート1800M 16頭 15:50発走』

 このレースの傾向は人気馬が結果を出していると言うことです。また前走1着の馬が勝つ場合が多く、オープン特別、1600万下からのステップを踏んでいる馬が多いのも特徴です。また5走内でハンデレースを5着内の結果を残している馬の好走も目立ちます。

 本命は9番のアウォーディー。5ヶ月半の休み明けの前走も3連勝で飾っています。休み明け2走目も1勝2着1回と安定した成績を残しています。前で競馬も出来ますし好位に付けてもレースが出来るタイプなのでここは連勝に期待できます。

 対抗は1番のクリソライト。逃げを撃てる馬が1番枠ですからアドバンテージをもらったと考えれば中心視しても良いでしょう。前走ダイオライト記念で勝った時の鞍上が武豊騎手でしたがアウォーディーに騎乗したため川田騎手に乗り替りますが騎乗経験もありますし問題はないでしょう。

 単穴は7番のトップディーヴォ。2走前の阪神1800M摩耶ステークスでの1分51秒1はこのメンバーでの持ち時計がかなり優秀です。攻め馬の時計も優秀なので狙って面白いでしょう。

 以下、3番ロワジャルダン、14番センチュリオン、16番アスカノロマンまで。
 
画像


 馬券は馬連で9番と1番から印の各馬へのフォーメーションとし、3連複は9番と1番の2頭軸で印の各馬へ流しとします。

 『当たるも八卦当たらぬも八卦!!』

 皆さん、ご幸運を

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック