【男は黙ってデ~~タとこ勝負!】オーシャンステークス/中山・チューリップ賞/阪神

 花粉症の皆さんこんにちは

 いやぁ、本格化してますねぇぇ・・・目がかゆい、喉が痛い、頭が痛い・・・辛い毎日です。

 しかし、それでも競馬はやってきます。」

 今週は皐月賞、桜花賞トライアルが相次ぎます。

 まずは中山からまいりましょう。

 『第11回オーシャンステークス GⅢ 4歳上オープン 芝1200M 外回りAコース 16頭 15:45発走』
 尚、1着馬には高松宮記念の優先出走権が与えられます。

 このレースの傾向は、年齢的には恒例馬でも通用しています。人気馬は2.9倍以下の馬の勝利がないのが特徴的。前走が1600万下、オープン特別組が良好で5走前までに中山芝1200Mで連対している馬が好成績を上げています。

 本命は16番のアルビアーノ。データからは推しにくいのですが、戦績からは抜けた存在だと思います。鞍上もルメールに代わり必勝態勢です。

 対抗は6番のゴールドペガサス。今週の攻め馬は時計が抜群です。南Wで4F追いでしたが50.7-36.3-12.4は凄い時計です。

 単穴は4番のカハラビスティー。前走のカー晩来るステークスでの時計が優秀なのでもう一丁!と期待したいです。

 以下、3番のネロ、12番のワキノブレイブ、1番のスカイキューティーまで。
 
画像

 
 馬券は馬単で16番から各馬への流しです。


 一方の阪神競馬場では『第23回チューリップ賞 GⅢ 3歳牝馬オープン 芝1600M 外回りAコース 16頭 15:35発走』が行われます。尚、1~3着馬に桜花賞への優先出走権が与えられます。

 傾向は1600Mでの勝利経験があること、オープンでのレースで4着以上の経験馬、出走数が3~5戦馬であることです。

 本命は16番のレッドアヴァンセ。追い切りの時計に少し不満はありますが前走得るフィンステークスでの時計や上がりの時計からは強さを感じます。

 対抗は9番のジュエラー。攻め馬の時計は驚くような時計です。栗東のポリトラックコースなので早い時計は出やすいでしょうけど63.6-49.3-36.1-10.6は驚きます。

 単穴は12番のウィンファビラス。前走阪神JF2着は素直に評価すべきでしょうし、このレースは関東馬の健闘も目立ちます。

 以下、2番のデンコウアンジュ、8番のエルビッシュ、13番のカイザーバルまで。
 
画像


 馬券は馬連で16番と9番から印の各馬へのフォーメーションとします。

 それでは今週も『当たるも八卦当たらぬも八卦!!』
 御幸運を!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック