【笑門来福】KANAGAWAよさこい第二日目

 KANAGAWAよさこいの二日目は天気予報を大きく裏切る好天気でした。気温もそこそこに上がってくれて少し踊れば汗ばむ春の陽気でした。

 二日目は40チーム程度の衣裳の華が横浜を色づけてくれます。

 我がチーム『ネットでよさこい』も40名の人数となり初参加の方、リピーターの方がテンションを上げて横浜を盛り上げていただきました。
 
画像


 
画像


 ボクは横浜に住む者として今回の『KANAGAWAよさこい』が開催されネットちゃんが出ると言うことを聞かされたときは心が相当躍り上がりました。

 チームの中でも地元の人間なのでホスト役をやらないといけないと心に決めていたし、皆さんを迎え入れることに怠りがあってはいけないとも決めていました。

 ところが・・・

 実行委説明会で聞いた開催要項の内容には正直言えば期待から絶望に落とされるような内容でした。3会場がそれぞれ70Mが2会場、100Mが1会場となればネットちゃんは秒殺で終わってしまい、とても流し踊りどころの話しではないですもんね・・・

 でも、出るという前提でメンバーさんを募集掛けていますし、ぶっちゃけて言えば、お金も皆さんからいただいている(はず?)ので、二日間をどうすれば楽しくいけるか真剣に考えましたよ・・・
 正直、どんなイベントになるのか全く予想が付かなかったので・・・(事実、説明会で聞いた内容と当日は相当変わっていたしね・・・

 出た結論・・・あつらえてもらった箱の中で楽しむんじゃなくて、こちら側が楽しむ空気感をその場に持っていけばいいんだと言うこと。
 その場の状況を見て楽しくなりそうな存在を見つけることでしたね・・・

 それが、実行委側の総合MCを絡めたトークでまず沿道をつかむことだったんですね。

 日本大通りでは踊る前にインタビューを受けるんですけど、総合MCのお兄ちゃんがチャラかったり、爽やかイケメンだったりしたので彼らをこちらからいじらさせていただきました。彼らにはめんどくさい人に絡まられたと思っていたかも知らないけどね・・・

 中華街会場では総合MCのお兄ちゃんが空き時間にミッキーの物まねをやっていたので引っ張ってきて絡ませましたよ。
 ネットちゃんの一チーム前で踊っていた舞ルネちゃんには沿道で盛り上げ隊として協力してもらいましたよ。(舞ルネ創設者としての圧力でメンバーちゃんには恐縮でした
 
 参加していただいた方々には満足していただいたかはわからないけれど、横浜で初めての【よさこいのイベント】。来年も開催してもらいたいというのは個人的に強く思うんですよ。チームとして参加するかどうかはわからないけど。
 ただ、実行委の方にも今年のが目一とは思って欲しくないんだな・・・正直今年はこれで良い
 来年もこのままでは許さんぞ

 流し踊りを前面に打ち出すのなら距離を今の倍以上にしないと高知スタイルのチームは二度と来ないと思っていただきたい
 せっかくのロケーションがもったいなさ過ぎる。

 YouTubeでアップされている映像を観るとロケーションと踊り手さんの動きがシンクロしていないのがわかると思うのよ...
 実行委の方々には今回出た現場の声に耳を傾けて欲しいんだな・・・

 ともあれ総体的には楽しかった横浜の二日間でしたよ。参加されなかった方々は残念だったと思うわ

 
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック