【説得力】その場に立ったものでなければわからない

 リオデジャネイロオリンピックの女子マラソン代表選手選考についてゴタゴタしているようですが、結論が出ようとしている。

 代表枠は3名。昨年の世界陸上で7位に入賞した伊藤舞(31)=大塚製薬=は内定。残る2枠は1月の大阪国際で派遣設定記録(2時間22分30秒)を突破し、圧勝した福士加代子(33)=ワコールがほぼ当確との見方で今日行われた、名古屋ウィメンズで日本人トップの田中智美(28)=第一生命=で決まると見られる。

 福士選手も一時は名古屋に出場して自分の力で当確をはっきりさせる覚悟を見せていた。しかしこの出場に当たっては陸連を始め関係者からは『無謀』等の批判が出ていた。それに重ねるかのように世界陸上での成績で内定を受けていた伊藤選手に対しても批判の声が出るようになっていた。

 これに対しては陸連の選考方法についてグレーな部分が多いかという意見が出ていたが正しい回答はあるのだろうか・・・

 シドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子が警鐘していたことがある。

 猛暑の北京で行われた世界選手権と、冬マラソンの選考会での比較自体に無理がある。内定も13年に方針が示され、1年前に発表された選考基準に則ったもので、「(世界選手権入賞で内定は)狙おうと思えば、みんなが狙えた。後付けじゃない。伊藤さんはルールに乗っ取って、すべてクリアな中で選ばれている。決まった選手の足を引っ張ることはしてほしくない」と、訴えている。

 また、複数の選考会を辞め、1発選考にするべきという声も上がっているが、「元選手としての意見」とした上で「1本がいいという意見もあるけど、(複数選考会と)どっちがいいというのは簡単で選べることではないと思う」と、安易な一発選考論に警鐘を鳴らした。「私は3つの選考レースで成長させてもらった。各選考会10人の招待選手に選ばれれば、選手として自信もつく。また、マラソンは実業団が頑張って選手を育ててくれている競技。私は実業団に入った時、すごく弱い選手だったし、野口(みずき)さんも、有森さんもそうだと思う。1回しか露出がなくなり、実業団が半分になり、選手も少なくなったら、人気面でも成績面でも逆方向になってしまう可能性がある」と、指摘した。

 
 これはその場に立ったものでしかわからないことであろう。
 陸連を始め各実業団、選手個々は選手のスキルアップをもっともっと考えるべきである。ここ数年の長距離界はアフリカ勢の独壇場である。かつての粘り強く走って上位を狙う日本人の戦い方では通用しないのはわかっているはずである。

 ともあれ、代表選手には実力をいかんなく発揮できる環境をこれから作っていってもらいたいものだ・・・
 
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック