【男は黙ってデ~~タとこ勝負!】中山牝馬ステークス/中山・フィリーズレビュー/阪神

 土曜日の本命馬はなんとも歯がゆいレース振りで・・・

 気を取り直して日曜日へ目を向けましょう!!

 『第34回中山牝馬ステークス GⅢ 4歳上オープン ハンデキャップレース 芝1800M 内回りAコース 16頭 15:45発走』
 
 このレースの傾向としては若い馬の成績が今一つということです。

 本命は2番のレイヌドネージュ。前走は愛知杯で勝ち馬(バウンスシャッセ)から0.3秒差5着ならそう悪くはない成績です。前々走では今回と同じ1800Mの美浦ステークスを勝ってますので適正は十分です。ここのところ見せ場を作る石川騎手に重賞初勝利をプレゼントできるような気がします。

 対抗は15番のルージュバック。ここの条件は数字だけ見ればキツイです。この馬くらいになれば力でねじ伏せてもらいたいところです。

 単穴は4番のアースライズ。ルージュバック同様に条件はキツイですがやはり力でねじ伏せてほしいですね。

 以下、8番のノボリディアーナ、9番ハピネスダンサー、3番ウインリバティまで。
 
画像


 馬券は2番の単勝。馬連で2番から印の各馬へ流しとします。


 阪神競馬場のメインは『第50回フィリーズレビュー GⅡ 3歳牝馬オープン 芝1400M 内回りAコース 18頭 15:35発走』
 尚、1~3着馬には桜花賞の優先出走権が与えられます。

 このレースの傾向は阪神JFの成績が直結しないなど大敗馬でも問題ないようです。1400Mの成績に実績のある馬を注意しておきたいレースです。

 本命は3番のダイアナヘイロー。デビュー戦、2戦目のエルフィンS共に京都の1600Mでしたが内回りで勝っていますから器用さはあると思います。また今週の攻め馬の時計は優秀です。栗東坂路で51.9-37.6-24.1-12.0は相当速いですね。

 対抗は18番のメイショウスイヅキ。大外枠は不利ですけど、人気もそれ程無いですし思い切ったレースを出来る優位さはあると思います。もみじステークスでの1分21秒4は速いです。また攻め馬も栗東ウッドコースで82.0-65.7-51.5-38.4-12.6はこちらも優秀です。

 単穴は7番のキャンディバローズ。この馬も京都1400Mで1分21秒9をマークしています。攻め馬も好調ですから狙い目は十分でしょう。

 以下、1番のサルドナ、13番のウインミレーユ、9番のアットザシーサイドまで。
 
画像


 馬券は3番の単勝。馬連は3番から印の各馬へ流しです。


 そして明日のWIN5は以下の通りです。
 阪神10R うずしおS:12番フロアクラフト、5番アスカビレン
 中山10R 東風ステークス:3番グランシルク
 中京11R トリトンS:12番トーキングドラム
 阪神11R フィリーズレビュー:3番ダイアナヘイロー、18番メイショウスイヅキ
 中山11R 中山牝馬S:2番レイヌドネージュ、15番ルージュバック

 以上の8通りです。
 
画像

 
画像

 
画像


 それでは今日も『当たるも八卦当たらぬも八卦!!』
 皆さん、ご幸運を

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック