【友の言葉】人生に代打はない

 今年に入ってからは次々にショッキングな話題が続きますが、今週に入ってからはなんと言っても、『清原』のニュース。

 今日はかつての盟友であった桑田のインタビューが流れていたがここ数年は清原から『一切関わらないでくれ』という絶縁を申し渡されていたという。

 既にその頃から手を染めていたのであろうと予測される。

 桑田の言葉には心底彼を心配していた様が窺い知れるのだが最も心を打ったのは『野球はピンチになると代打やリリーフがいて救ってくれるけど、人生の代打やリリーフはいない』と言う言葉であった。

 そして今日の読売新聞の『編集手帳』にはこうも記されていた。
 『投手の内角攻めには死球をも恐れぬ肉体改造で立ち向かった人が、どうして心の内角を守れなかったのか』

 その通りだと思う。

 彼の勇姿に胸躍らせて応援した私たち世代や、野球に将来の夢を掲げる少年達の思いを裏切った代償はとてつもなく大きいと思う。

 これはSMAPやベッキー問題の遙か上を行く大問題である。

 本当に残念でならないよ・・・
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック