【噺】ちょっと最近嵌ってるんです~その7~

 よさこいでMCをやっていると常に付きまとうのが『言葉』です。

 踊り手さんが主役なんだけど、その踊り手さんを引き立てるには自然に笑顔を作り出すことも必要。或いは沿道や会場に来ている方々の気持ちをこちら側に向けるのには『言葉』が必要。

 そのためにいろんな世界の見聞を深めることに心がけているつもりなんですね。このブログを毎日更新しているのも『言葉』にもっともっと触れようと思うからなのですね。日本人に生まれながら知らない日本語がまだまだたくさんあるわけで・・・

 そして『話し方』と言うのにも気を付けようと思っているわけでしてな・・・

 そんな中、最近ボクが嵌っている、大好きな噺家さんがいるんです。

 
画像

 彼の名は『春風亭一之輔』さんと言います。

 2001年5月、春風亭一朝に入門し同年7月に「朝佐久」として前座、2004年に二つ目に昇進し「一の輔」を名乗るようになり、2012年に21人抜きの異例抜擢で真打ちに昇進しました。

 ボクは一の輔さんの声質、噺の間合いが好きでしてね・・・

 こんな感じで喋ることが出来たらいいなぁぁ~~なんて憧れています。
 あっ・・・もちろん努力もしていますけどね・・・なかなか出来る業ではないのですけど・・・

 YOUTUBEには一の輔さんの噺がupされていますがその中でもボクが好きな『堀之内』をご紹介しますね。
 https://www.youtube.com/watch?v=H7Dm6_6aU8s

 是非聴いてみて下さい。落語の世界、楽しいです

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック