【男は黙ってデ~~タとこ勝負!】中山記念/中山・阪急杯/阪神

 2月も最終週になりましたね。今年は閏年なので29日ありますけど、あっという間に2ヶ月が過ぎちゃいますね。

 そして競馬は今週から中山・阪神へ舞台が移ります。いわゆる春競馬の始まりです。実力馬たちが始動し始めます。

 『第90回中山記念 GⅡ 4歳上オープン 芝1800M 内回りAコース 11頭 15:45発走』

 このレースは格上の馬にとって有利なレースである傾向が強いようです。過去3走に於いてGⅠを2回以上出走している馬が好走しています。0回よりも1回出走している馬の方が好走率が高いのでその辺りは素直に評価したいところです。

 前走敗れていた馬についても勝ち馬と0秒0~0秒5の間の馬が好走しているところから大敗馬には厳しい結果が出ているようです。

 本命は2番のリアルスティールです。ボクのPOG馬でもあるのですが、理由はそれだけではありません。勝利は1年前の共同通信杯まで遡りますがその後は皐月賞、菊花賞は2着ダービーは4着と世代上位の実績を残してきています。

 今週の攻め馬では坂路で24.7-11.9という時計ですので休み明けとしてはかなり早い時計をマークしています。ここを勝って今年の中距離で活躍して欲しいと思っています。

 対抗は9番のドゥラメンテ。昨年の皐月賞、ダービーの二冠馬です。骨折を乗越えての9ヶ月ぶりに登場です。攻め馬の様子を見ると体全体を大きく使ったダイナミックなフォームでした。調子は好調だというのは見れば一目瞭然です。

 単穴は5番のフルーキーです。
 ここは2頭に割って入るとすればこの馬ではないでしょうか。GⅠ経験はないものの伏兵台頭があればこの馬でしょう。

 以下、10番のアンビシャス、6番のイスラボニータまで。
 
画像


 馬券は馬単で2番から印の各馬へ流し、3連複で2番と9番から各馬へ流しとします。


 阪神競馬場のメインは『第60回阪急杯 GⅢ 4歳上オープン 芝1400M 内回りAコース 18頭 15:35発走』が行われます。

 このレースの傾向は前走が重賞を使っていること、前走が1着または2着以下の場合は0.6秒以内、内枠の馬、5歳馬以下、阪神の重賞での結果がある馬などがあります。

 本命は9番のレッツゴードンキ。昨年の桜花賞馬です。ここは一気の逃げ切りもあるのではないでしょうか。

 対抗は13番のミッキーアイル。本当は一番強いはずなんですけどねぇ・・・伸び悩んでいますね。今週の攻め馬では坂路4Fを50.3秒ですから調子は良いと思います。

 単穴は5番のミッキーラブソング。このところ成績が上がってきているのですが勝ち切れてはいません。前2頭からは少し水をあけられているかな・・・

 以下、3番のブラヴィッシモ、11番オメガヴェンデッタ、4番ヒルノデイバローまで。
 
画像


 馬券は馬単で9番から印の各馬へ流し、3連複は9番と13番から各馬へ流しとします。


 そして明日のWIN5は以下の通りです。

 阪神10R 伊丹S:3番グッドマイスター、7番ラインルーフ
 中山10R ブラッドストーンS:11番フクノドリーム、5番ゲマインシャフト
 小倉11R 関門橋S:10番キャンベルジュニア
 阪神11R 阪急杯:9番レッツゴードンキ
 中山11R 中山記念:2番リアルスティール、9番ドゥラメンテ

 明日は花粉がひどそうだなぁぁ~~
 皆さんもお気を付けて下さいな・・・

 では『当たるも八卦当たらぬも八卦!!』
 ご幸運を・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック