【狙い目】データらめ作戦~中山金杯(中山)・京都金杯(京都)

 昨年まで二年間は『メインレースの狙い目』として毎週予想を公開してきましたが今年からは少々装いを変えてみたいと思います。

 過去のデータを重視する予想スタイルを全面に推してみたいと思います。推奨は基本、単勝馬券で行ってみようと思います。

 『中山金杯(GIII) 中山競馬場 2000m(芝 内回り Cコース) ハンデ 4歳以上オープン』

 このレースはハンデキャップレースと良いながらも思いハンデの馬が好走する傾向が強いようです。

 また、前走の四コーナー通過が5番手以下という傾向も有るようです。

 そんななから選んだのは10番のフルーキー。人気ですがここは単勝と言うより堅軸で以下7番マイネルフロスト、5番ヤマカツエース、3番ステラウインド、9番ベルーフ、大穴で14番ライズトゥフェイムです。
 
画像



 『京都金杯(GIII) 京都競馬場 1600m(芝・外回り Aコース)ハンデ 4歳以上オープン』

 このレースは上位人気馬がそこそこの成績を上げるものの、6~7番人気馬の活躍が目立ちます。また単勝オッズの10~15倍エリアに妙味があるようです。

 また前走が1600~1800Mを走っている馬、4走前までにGⅡで3着以下に敗れていたと言う共通点があるようです。

 そこでこのレースは12番のエキストラエンドに大注目します。ここはこの馬の単勝を。

 以下、16番トーセンスターダム、7番ウインプリメーラ、3番シベリアンスパーブ、9番オメガヴェンデッタ、13番マーティンボロまで。
 
画像


 こんな感じで今年は進めてみようかな・・・と。

 皆さんのご意見も伺えたら嬉しいです。

 では、ボクの馬券と皆さんのご健闘を!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック