【卒業で卒業】廃止される駅舎

 JR北海道・石北本線の旧白滝駅が、3月26日のダイヤ改正で廃止されるそうだ。
 
画像


 終戦直後の1947年に開業し、70年近く使われてきた無人駅であるが、ここ数年に於いては主な利用者は通学に使う女子高生1人だけだそうである。

 しかしながら、その女子高生が今年の3月で高校を卒業するのに合わせて、駅の使命を終えることになる。

 同駅を利用する遠軽高校3年生の原田華奈さんは「旧白滝で乗り降りしている人は自分以外にほとんどみかけない。私が卒業したら廃止になるかもしれないと聞いていたが、実際になくなるのは寂しい」と残念がっていたという。

 旧白滝駅は鉄道ファンから「秘境駅」と呼ばれており、近くには数軒の民家があるだけ。上りは1日3本止まるが、下りは1本だけだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック