【自分との戦い】クリード チャンプを継ぐ男を観ました

 1970年代から始まったロッキーシリーズのスピンオフ作品となる1作です。
 
画像


 ロッキーと数度戦い、ライバルとしてそして親友としてしのぎを削り合った今は亡きアポロ・クリード。

 そのアポロには愛人との間にアドニスという一人息子がいた。そのアドニスの実母も亡くなり里親の間を転々と暮らし施設にまで追いやられていたところをアポロの妻、メアリー・アンに引き取られ何不自由なく暮らすこととなる。しかしながら、アドニスにはアポロのボクサーとしての血が紛れもなく受け継がれいつしかボクサーへの道を進むこととなる。

 そして、かつてアポロと死闘を繰り広げたロッキーの元に教えを求めに行く。

 そこからは戦う相手との戦いの他に弱い自分との戦い、何かの思いにかける戦いなど人生の様々な戦いに直面するわけだ。

 かつてのヒーロー、ロッキーも既に初老となりながらも闘争本能だけは衰えない。それが今はアドニスをチャンプに育て上げるという新しい戦いに挑む姿も我々世代には感動を呼ぶ。

 少し涙ぐんでしまうようなシーンもあり、満足な一作でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック