メインレースの狙い目~ホープフルステークス/中山・有馬記念/中山・ファイナルステークス/阪神

 さぁ最終日がやってきました。

 中山では今日はダブル重賞が組まれています。

 まずは2歳戦から予想してまいりましょう・・・

 『第32回ホープフルステークス GⅡ 2歳オープン 芝2000M 内回りAコース 13頭 14:35発走』

 まずは人気から。

 9番のロードクエストが2.2倍で1番人気です。以下、8番バティスティーニ3.5倍、6番ハートレー7.5倍、1番アドマイヤエイカン10.2倍、13番ブラックスピネル11.7倍と続きます。

 本命は8番のバティスティーニ。なかなか比較対象が難しいメンバー構成です。中でも距離実績から同馬が最短距離にいるように思えます。

 対抗は13番のブラックスピネル。先行力がこのメンバーでは利きそうな気がします。外枠も今回は有利になるような気がします。

 単穴には9番のロードクエスト。1600Mまでしか経験がないのは減点材料。ましてや新潟2歳S以来も人気の割には不安な要素です。

 以下2番プランシャルマン、6番ハートレーまで。
 
画像

 
 馬券は馬連で8番から印の各馬へ流しとします。


 そして、メインレースは『有馬記念(第60回 グランプリ) GⅠ 3歳上オープン 芝2500M 内回りAコース 16頭 15:25発走』が行われます。

 人気は、15番のゴールドシップが4.3倍で1番人気です。以下、4番ラブリーデイ4.5倍、12番リアファル6.9倍、11番キタサンブラック7.0倍、13番ルージュバック11.0倍で続いています。

 本命は12番のリアファル。このレースでは先行する馬が見当たりません。ここ数戦のレース振りからは同馬が前で競馬が出来るでしょう。菊花賞でのレース振りから見ても残り目は十分あると思います。

 対抗は13番のルージュバック。53キロは今回最大のアドバンテージでしょう。前走のエリザベス女王杯では最後の伸び脚は十分次走への期待を残していました。単勝狙いも有りでしょう。

 単穴は11番のキタサンブラック。菊花賞は最高の騎乗ぶりでしたが、強くなければ出来ない乗り方であったことも事実ですし世代交代をするためにも前2頭に加え期待します。

 以下、7番のゴールドアクター、9番サウンズオブアース、5番アドマイヤデウスまで。
 
画像


 馬券は12番、13番の単勝。馬連、3連複は12番と13番から印の各馬へのフォーメーションとします。3連単は12番と13番を1着、2着には12番、13番、11番を、3着は上記3頭に加え7番、9番、5番を押さえます。


 阪神競馬場のメインレースは『ファイナルステークス 3歳上オープン ダート1400M 16頭 16:25発走』が行われます。

 人気は8番のグレイスフルリーフが2.3倍で1番人気です。以下、9番サクラエール4.4倍、6番ポメグラネイト8.9倍、11番オールブラックス12.3倍、2番メイショウオセアン15.2倍と続きます。

 本命は8番のグレイスフルリーフ。ここ2走の東京戦では強い競馬を見せています。ここはきっちり勝てるでしょう。

 対抗は2番のメイショウオセアン。6月の安芸ステークスでの1分22秒6はこのメンバーでの1番早い時計です。再現可能です。

 単穴は5番のタールタン。2走前のグリーンチャンネルカップではグレイスフルリーフの3着でしたが今回は斤量面でも同じですので差は詰まると思います。

 以下、9番サクラエール、7番オースミイージーまで。
 
画像


 馬券は馬単で8番から印の各馬へ流しとします。


 さて、昨年から週末は「メインレースの狙い目」として予想コラムを続けてきましたが今回を最終回とします。

 何か新しい予想コーナーを再開するかも知れませんがちょっと考え中です。

 長い間ありがとうございました・・・

 当たるも八卦、当たらぬも八卦。 

 閉店ガラガラ...

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック