ビデオグラフティ『ノッティングヒルの恋人』を観ました

 ジュリア・ロバーツ主演のラブストーリー映画です。
 
画像


 彼女が主演したプリティ・ウーマンの逆ヴァージョンとでも言いましょうか。

 ロンドン西部のノッティング・ヒルで旅行書専門の書店を営むウィリアム(ヒュー・グラント)はバツ1でどことなく自信なさげな冴えない男である。

 そんな書店にある日ハリウッドスターのアナ(ジュリア・ロバーツ)がやってくることから物語は始まります。

 世間の注目を浴びる有名女優も仕事から離れれば普通の女性。普通に食事もしたいし映画も観たい。恋も普通に楽しみたい。

 しかし、常にマスコミの目が光る彼女の周りには普通のことができないのも事実であります。

 ウィリアムの素朴な接し方にいつしか心惹かれますが彼女の取り巻く環境がウィリアムを傷つけることもしばしばです。

 二人の恋の進展はいかに・・・そして結末はいかに・・・

 エルヴィス・コステロの唄う『She』も心地よくラブストーリーに色を添えてくれます。

 是非、恋人同士や夫婦でお酒でも飲みながら観ていただきたい映画です。クリスマスイブの夜に観てもいいかなぁ・・・

 
 『ノッティングヒルの恋人』

 監督 ロジャー・ミッシェル

 脚本 リチャード・カーティス

 出演   ジュリア・ロバーツ、ヒュー・グラント、リス・エヴァンス、ジーナ・マッキー、ティム・マッキナリー、エマ・チャンバース、ヒュー・ボネヴィル、ジェームズ・ドレイファス

 上映時間 123分

 日本語吹き替えが戸田恵子と井上純一という元夫婦なのも話題ですね・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック