メインレースの狙い目~ジャパンカップ/東京・京阪杯/京都

 「いよいよ明日はジャパンカップですなぁぁ・・・」

 「もう35回目なんですね。以前は競馬界のオリンピックなんて言ってませんでしたっけ???」

 「昔は地方競馬枠なんてのもありましたな・・・」

 「ジュサブローとかハシルショウグン・・・なつかしいですねぇ」

 こんな、四方山話も聞こえて来そうなジャパンカップ。今年のメンバーは・・・ホントにどうなんでしょうかね


 さてそんなこんなですが、日曜競馬は発送時間が変則的になっていますのでご注意を・・・

 
 まずは東京競馬場のメインは『ジャパン・オータムインターナショナル 第35回 ジャパンカップ GⅠ 3歳上オープン 芝2400M Cコース 18頭 15:40発走』が行われます。尚、この11レースが最終レースとなります。

 人気ですが、1番のラブリーデイが2.9倍で1番人気です。以下、12番ゴールドシップ4.9倍、11番ミッキー-クイーン5.0倍、15番ショウナンパンドラ8.9倍、10番サウンズオブアース11.8倍で続きます。

 本命は15番のショウナンパンドラとしました。牝馬ですがこのところの牡馬との戦いでは一歩も引かない競馬内容は目を見張るものがあります。今回は枠的には不利とも言える外枠ですが最終週ですし差しも決まるでしょうし、そんなに不利とも言えないのではないでしょうか。そして追い切りの動きを見ると好調子は間違いないようです。

 対抗は1番のラブリーデイ。天皇賞のレース振りから府中の2400Mは長いような気がしますけど、この馬にとっては1番枠は絶好枠ですね先行して長く良い脚を持たせられれば連は外さないのでは・・・

 単穴は10番のサウンズオブアース。京都大賞典の上がり32秒8の脚を使えれば勝ちきることも十分考えられますけど、昨年の4月以降勝ち鞍から見放されているのが気になりますしダービーでは11着と強調できるものではありません。3番手評価に留めました。

 以下、今年は外国馬も不気味です。8番のイラプトはフランスの重い馬場でも割と時計を出しているので今の府中の馬場なら通用しそうな予感があるのです。今、話題のフランスですしね・・・

 11番のミッキー-クイーンはこのメンバーでも十分通用すると思いますし、追い切りが絶好だった17番のアドマイヤデウスまでを押さえておきます。

 ゴールドシップは、今回相当好調子のような気がしますけど府中は今までほとんど実績がないですからねぇ・・・

 本線とは別に流し馬券を押さえておきたいような気もします・・・
 
画像


 馬券は15番の単勝。馬連、馬単は15番から印の各馬へ流します。三連複は15番と1番の2頭軸で各馬への流し、三連単は1着に15番を、2着には1番と10番、8番の3頭をマーク、3着に上記3頭に加え11番と17番をマークします。
 前述したように馬単で12番から印の各馬への流しを押さえておきます。


 一方の京都競馬場のメインは『第60回 京阪杯 GⅢ 3歳上オープン 芝1200M 内回りCコース 15頭 16:15発走』が行われます。12レースがメインレースとなっていますのでご注意を・・・

 人気は、4番のビッグアーサーが1.8倍で1番人気です。以下、1番ベルカント4.8倍、6番エイシンブルズアイ9.5倍、15番フミノムーン13.5倍、2番サトノルパン15.4倍と続きます。

 本命は人気ですが4番のビッグアーサー。このメンバーでは負ける要素が見当たりません。

 対抗は少々捻って、10番のウイングザムーン。最終週ですし、外差しが嵌ればオパールステークスの時に繰出した32秒9の末脚で一気の逆転が密かな狙い目です。

 単穴は9番のアースソニック。3ヶ月の休養を挟んでも好調子をキープしています。人気もないようですから狙ってみたい馬です。以下、6番エイシンブルズアイ、1番ベルカントまで。
 
画像


 馬券は馬連は4番と10番から印の各馬へのフォーメーション、馬単は10番から印の各馬へ流しとします。

 さて、東京競馬場ではプレゼンターに五郎丸選手や元テニスプレーヤーのアンドレ・アガシの来場も予定されているようです。
 そちらも楽しみですね・・・

 当たるも八卦、当たらぬも八卦。 

 閉店ガラガラ...

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック