メインレースの狙い目~東スポ杯2歳ステークス/東京・修学院ステークス/京都

 モーリス、春秋連覇でしたかぁぁ・・・

 イスラボニータはスタートの出負けが最後まで響いたのですかね・・・

 さて、今週は3日間開催です。

 東京競馬場のメインは『第20回 東京スポーツ杯2歳ステークス GⅢ 2歳オープン 芝1800M Cコース 11頭 15:25発走』が行われます。

 人気は4番のロスカボスが3.2倍で1番人気です。以下、9番プロディガルサン3.8倍、2番アグレアーブル5.3倍、10番スマートオーディン7.4倍、6番キラージョー7.5倍と続きます。

 本命は2番のアグレアーブルです。2歳戦ですからデータでのファクターがあるというわけではないのですが、前走のデビュー戦での戦いぶりが良かったことと今週の攻め馬が好調子をアピールしていたことです。

 対抗は4番のロスカボス。この馬も攻め馬の時計が出色です。

 単穴は6番のキラージョー。

 以下、10番のスマートオーディン、9番のプロディガルサンまで。
 
画像

 
 馬券は馬連で2番から印の各馬へ流しとします。


 一方の京都競馬場のメインは『修学院ステークス 3歳上1600万下 ハンデキャップレース 芝2000M 内回り Cコース 10頭 15:45発走』が行われます。

 人気は、9番のアンドリエッテが2.2倍で1番人気です。以下、8番アングライフェン4.7倍、1番ハピネスダンサー6.3倍、2番サングレアル9.3倍、4番シャドウパーティー11.1倍と続きます。

 本命は1番のハピネスダンサー。人気は外枠の3歳馬に偏っていますがハンデ面ではこの馬が有利だと思います。
 
 対抗は8番のアングライフェン。この馬も9番のアンドリエッテの53キロに比べ54キロならこちらの方が有利でしょう。

 単穴は、アンドリエッテ。前出の2頭に比べるとクラシックを戦って来た実績は上位です。

 以下、2番サングレアル、6番ベリーフィールズまで。
 
画像


 馬券は、馬連、馬単共に1番から印の各馬へ流しとします。


 さてさて、3連休の最終日ガッツりと儲けて、えぇ思いしましょうや!!

 当たるも八卦、当たらぬも八卦。 

 閉店ガラガラ...

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック