命を預かる仕事ですよ・・・

 ただいま世の中を騒然とさせている『大型分譲マンションに傾きが見つかった問題』

 御存知の方も多いとは思いますがボクは建築業界にいるわけでして、現場内での設計業務を担っています。

 当然、工事の初期である杭工事も見てきているわけで、今回の問題に対しても大きな疑問を感じます。と言うか、あり得ない話しだと思います。

 杭の施工業者というのは専門業者であり責任施工であります。責任施工というのは施工管理者であるゼネコンの担当者や設計監理者が目視で確認できない部位については全ての責任を負わなければいけない立場にあるわけで当然、不適格な施工や誤った施工記録なんてものはやってはいけないのですよ。
 監理者が検査をする場合は不適格な部位があった場合は指摘しそれを是正した記録を残す義務もありますし、それを施主にも報告しなければなりません。

 ただ、杭というのは前述したように目視できないと言うのが厄介なわけです。これを「データ上は問題ありませんでした」と報告されると正直わからない・・・と言うのが実情な訳です。
 故に、専門工事業者は真摯な態度でいてもらわないと非常に問題が出てくるのです。

 杭は建物全体をまかなう部位でありますからその建物に外力が加わった場合(地震や地盤沈下など)一気に不安定な状態なってもおかしくはありません。

 ということは・・・

 建築に携わる全ての人は『人の命を預かる仕事』なのですよ。
 一方でボク達は『地図に残る仕事』でもあるわけですから、まだ見ぬ方々の安心して暮らせる建物を誠心誠意造り上げなくてはならないと思うわけです。
画像

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック