だからダメなんだって・・・

 サッカーの第95回天皇杯は2回戦6試合が9日行われた。
 
画像


 その中で、J1所属の名古屋グランパスエイトはJ3の町田ゼルビア(東京都代表)と対戦し、後半アディショナルタイム3分に町田のFW鈴木孝司がゴールを挙げ、そのままタイムアップとなり大金星をあげた。

 また、JⅠ所属の清水エスパルスはJ3の藤枝MYFC(静岡県代表)と静岡対決を行い、15分までに清水が2点を先行しリードを得たが、藤枝は反撃を開始して藤枝が4-2の逆転勝利で3回戦にそれぞれ駒を進めた。

 ポスターの中には「ジャイアントキリング」の言葉もあるように、サッカーは必ずしも強いチームが必ず勝つとは言えないスポーツであると言われている。

 しかし・・・である。

 J1のチームがJ3に負けちゃいけないだろ・・・いやJ3の2チームの健闘は称えるべきである。

 グランパスとエスパルスの選手達のふがいなさが問題なのだよ・・・この2チームにはA代表の選手もいれば過去W杯に出場した選手もいるわけだ。

 現状のA代表の伸び悩みが切実なのはJリーグのレベルの低さが大きく影響していることは間違いないのです。

 
 これではいかん・・・

 このままではいかん・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック