頑張れるかニッポン!!

 ワールドカップバレー2015が今、男子の大会が熱戦中である。
 
画像


 バレーボールのワールドカップはサッカーやラグビーとは違い最高峰の大会かというとちょっと違う。

 まずは、毎回の開催が日本で行われること。

 開催内容が毎回のように違うこと。

 ジャニーズのアイドル歌手が目的出来ている観客が多いこと。

 等であるかな・・・


 そんな中、日本男子はこの大会を契機に復活しそうな感じを抱かせている。

 正直この大会でのリオ五輪出場権は獲得できそうにはないけど、最終予選或いはアジア選手権では獲得できるのではないだろうか・・・

 でも『NEXT4』とよばれる大学生などの若手メンバー4人。

 日本の一番のウィークポイントだった【高さ】

 高橋健太郎(筑波大)は201センチ、山内晶大(愛知学院大)は204センチと世界の高さと互角に戦える身長である。

 エースの石川祐希(中央大)、柳田将洋(サントリー)はどこからでも打てるアタッカー。

 今大会の日本は世界ランク20位である。ベネズエラを除く国は全て日本よりランクが上位であるが現在4勝2敗。最もこれからは強豪国と当たるからなけが込んでくることは予想するに難くはないが何か期待を抱かせる。

 若手とベテランが美味くかみ合えば世界の上位に食い込んでいけるのではないかな。今後のニッポンに注目してもらいたい・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック