首位ターン

 今日でペナントレースの前半戦は終了した。

 今年のセ・リーグは6チームが首位も最下位も可能性があるわけで、この状況を作ったのは間違いなくベイスターズです
 
画像


 一時は貯金が11もあってこのまま独走か・・・?な~~んて夢を見たこともあったけど、何となく悪い予感があったことが現実になろうとは・・・あの悪夢の12連敗。

 5位にまで落ちたこともありましたが、この前半戦最後にきて4連勝で締め42勝42敗1分けで1998年以来のオールスター前首位ターンを決めました。

 今年のベイは投手力も少しは厚みを増しました。打線は新加入のロペスを入れて6番までは重量打線でした。

 多少序盤にリードを許しても中継ぎ陣が粘り強く押さえ、終盤に打線が逆転という試合が続きました。

 それが、あの『交流戦』ですよ・・・3勝14敗1分けという惨めな成績で首位を明け渡しました。と言っても他チームも(特にジャイアンツ)お付き合いしてくれたのでセ・リーグは大変なことになってしましました・・・

 明日からはオールスター戦で一旦はペナントレースもお休みです。来週から再開する後半戦でどのチームが浮上するかは全く予想できませんが、少なくともベイスターズはチャンス大有りですな・・・

 それには戦力を今一度整理する必要がありそうです。特にこのところ勝てない井納、山口の奮起、石川、井出、白崎、荒波、山崎の奮起。

 いずれにしても最後までわからないよ・・・

 やっぱ、野球は楽しい!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック