歯がゆい試合だったねぇ・・・

 今日のセ・パ交流戦ベイスターズVSホークス2回戦を観戦してきました。

 2回にお互いソロホームランで1点ずつを取り合い5回にベイが荒波のタイムリーで逆転すれば6回にホークスが柳田のセンター後方のスコアボード直撃するホームランで追いつくも三浦と中田がそれぞれ共に要所要所を押さえ拮抗した展開で終盤を迎えました。
画像


 そこから、7回8回にホークスもベイもチャンスを作りますが中継ぎ投手陣が踏ん張り試合は延長戦へ突入しました。
画像


 延長11回ホークスは先頭の川島がヒットで出てワイルドピッチ、送りバントで3塁まで進みます。

 そして、明石の打席の2球目、スクイズを決め勝ち越し、続く柳田は初球をソロホームランで万事休す。

 結局4時間を超える試合は2-4でホークスが前夜の雪辱をしたことになりました。


 この試合は先発の両投手がテンポの良いピッチングで速い流れで進みましたが8回以降は互いにチャンスを作るも生かせず延長になったわけですが、ベイは5月の好調さが少し陰りを見せ始めていることをボクは見逃しはしませんでした。

 まずは細かなミスの積み重ねで相手にペースを与えていること。
 
 先発がもし打たれても中継ぎ投手が頑張ってきて積み重ねた勝ち星がそろそろ中継ぎ陣の疲れが出始めていること。

 そして一番の心配事は抑えの山崎に疲れが出ていること。

 これから暑い時期を迎えると必ず戦力が安定しなくなっていきます。今修正しておかないと夏以降ジリジリと下がっていきますからね・・・

 頑張れ!ベイスターズ。

 絶対勝つぞ!ベイスターズ!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック