秩父での自分へのお土産

 旅してその場所ならではの美味しい食べ物や美味しいお酒に出会うのは醍醐味である。

 昨日遊びに行った秩父では短い時間ながら美味しいものを見つけました。


 『太田甘池堂』の羊羹
 享和3年(1803年)に日本橋の老舗『甘竹堂』より製煉秘方を伝受されて店名を贈られたのを期に故郷の秩父に戻り現在当主10代にわたり煉り続けている老舗です。
画像



 お味は【本煉り】(白いんげん)、【田舎】(小豆)、【柚子】(白いんげんと柚子)の3種。甘すぎない食べやすいお味です。棹物が一般ですが、一口サイズのタイプも売っています。
 
画像

 

 武甲酒造の武甲正宗生冷酒(季節限定)』
 
画像


 ボクはあまり本醸造アルコールが入った日本酒は飲まないのですが(純米酒が基本好きです)、この生冷酒は本醸造です。ですが呑みやすくグイグイ呑んでも変な酔いはしませんね。
 淡泊なお魚料理や塩辛い物には相当合うと思いますよ・・・

 ごちそうさまでした・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック