メインレースの狙い目~皐月賞/中山・難波ステークス/阪神・奥の細道特別/福島

 初春のGⅠもいよいよ皐月賞を迎えます。次週からは舞台を東京・京都へと変わりますのでまずはここが一区切りとなりますかね。まずはきっちりと終えたいところです。

 まず、福島競馬場のメインレースは『奥の細道特別 4歳上1000万下 芝2600M Aコース 16頭 15:20発走』が行われます。

 人気は1番のラルプデュエズと16番プレストウィックが5.9倍で1番人気です。以下、3番アグリッパーバイオ6.0倍、8番メイショウブシン8.0倍、11番アンブリッジローズ8.8倍と続いています。

 難解なレースを裏付けるかのようなオッズも大混戦ですね。

 本命は2番のパリソワールとしてみました。昇級戦とはなりますが、3走前の同コースでの時計は優秀ですし前走の小倉戦の時計も優秀です。今の状態なら好勝負できるのではないでしょうか。

 対抗は、11番のアンブリッジローズ。このクラスでも好勝負を続けていますのでそろそろ突破できそうな予感もしますが。杉原騎手の好騎乗に期待です。

 単穴は、16番のプレストウィック。同コースは走り慣れていますので人気も頷けますがそろそろどうでしょうね。

 以下、9番シークレットパス、15番ウインレーベン、5番カノンまで。
画像


 馬券は、2番の単勝。馬連は2番と11番から印の各馬へフォーメーションとします。


 阪神競馬場のメインレースは『難波ステークス 4歳上1600万下 ハンデキャップレース 芝1800M 外回り Bコース 16頭 15:30発走』が行われます。

 人気は15番のタガノエトワールが3.8倍で1番人気です。以下、2番オツウ5.7倍、10番レッドオリヴィア6.4倍、13番シャトーブランシュ7.1倍、4番リグヴェーダ7.5倍と続いています。

 このレースもオッズは混戦ですね。ハンデ戦らしいです。

 本命は5番のコウエイワンマンとしてみました。天気の状態がよろしくないようですし、先週辺りからの荒れた馬場への対応を問われるレースに耐えられるパフォーマンスを持っているとみました。

 対抗は15番のタガノエトワール。ここ数戦はマイル以下の距離を使って結果を見せてはいませんが昨秋はローズステークス2着の後秋華賞は3着の実績もありますからこのメンバーでも通用はします。

 単穴は、7番のミヤジタイガ。前走は中山でのレースを使っての阪神戦ですが追い切りの時計からは絶好調差をアピールしています。

 以下、10番のレッドオリヴィア、2番のオツウ、13番のシャトーブランシュまで。
画像


 馬券は5番の単勝。馬連で5番と15番から各馬へのフォーメーションとします。ワイドで5番から各馬への流しも良いのでは。


 そして中山競馬場のメインレースは『第75回皐月賞 GⅠ 芝2000M 内回り Bコース 15頭 15:40発走』が行われます。

 人気は、8番のサトノクラウンが3.9倍で1番人気です。以下、5番リアルスティール4.0倍、2番ドゥラメンテ4.2倍、7番キタサンブラック9.3倍、1番ブライトエンブレム9.9倍で続いています。

 例年ならば除外馬だらけですが今年は回避馬が続出して15頭立ては少し寂しい気もするのですが・・・

 本命はボクのPOG馬である5番リアルスティールとしたいです。

 前走は少々出負けして工法からのレースとなりましたが33秒6の上がりで2着に届いたのは上々の出来です。それよりもこの馬のパフォーマンスは新馬を勝った後の共同通信杯を勝ったことにあります。スケールが大きくないと出来ない事ですからこのメンバーの中では一つ抜けて出していると思います。

 対抗は8番のサトノクラウン。弥生賞は力強く抜出した勝ち方は馬の強さを物語っています。鞍上のルメールに乗り替ったのも何ら不安要素にななりませんね。

 単穴は2番のドゥラメンテ。この馬はダービーでリアルスティールの最大の強敵になると読んでいますが明日のレースでも必ず上位に絡んでくるでしょう。

 以下、1番のブライトエンブレム、7番のキタサンブラック、9番のミュゼエイリアンまで。
画像


 馬券は5番リアルスティールの単勝。馬連、馬単、3連複は5番から印の各馬へ流し。3連単は5番リアルスティールを1着固定、8番サトノクラウンと2番ドゥラメンテ、1番ブライトエンブレムを2着、3着には上記3頭に加え7番キタサンブラック、と9番のミュゼエイリアンを据えたいと思います。


 さてさて、個人的にはPOG馬が上位人気となる皐月賞ですからいつもに増してドキドキワクワクなのですが、良いレースを期待しています。
 それでは明日も皆さんに幸運が届きますように・・・

 当たるも八卦、当たらぬも八卦。 

 閉店ガラガラ...

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック