ビデオグラフティ『蜩の記』を観ました。

 直木賞作家の葉室麟のベストセラー小説を、小泉堯史監督が映画化した人間ドラマです。無実の罪で3年後に切腹を控える武士の監視を命じられた青年武士が、その崇高な生きざまを知り成長していく姿を師弟の絆や家族愛、夫婦愛を交えて描き出しています。
画像


 過酷な運命を背負いながらもりんとした主人公に役所広司、その監視役の青年には『軍師官兵衛』での演技でも評判の高かったV6の岡田准一。そのほか堀北真希や、ベテラン原田美枝子が共演しています。

 ネタバレにならない程度にあらすじを書くと・・・

 7年前に前例のない事件を起こした戸田秋谷(役所広司)は、藩の歴史をまとめる家譜の編さんを命じられていました。
 藩邸において同僚と小さなトラブルから刃傷沙汰を起こした若き武士檀野庄三郎(岡田准一)は、3年後に切腹を命じられている戸田秋谷の監視役の名を受けることで藩邸での刃傷の件の責を免れる。

 一家と共に生活するうち、家譜作りに励む秋谷に胸を打たれ、秋谷の人格者ぶりを知り、事件の真相を探り始めた庄三郎は、やがて藩政を大きく揺るがしかねない秘密を知るが……。


 ボクは原作も読んでいますが描写が原作を忠実に守っていることに嬉しく思いました。また、風景なども原作を読んだときに想像の中で描いた風景と相違なかったこと、キャスティングも非常に原作のイメージ通りであることに驚きを隠せませんでした。
画像


 アクションものでもないし歴史ものでもないので、興味のない方には退屈な映画になるかも知れませんが、葉室麟の描く武士の生き様を、家族愛を楽しむことは出来ると思います。

 監督 小泉堯史
 脚本 小泉堯史・古田求
 原作 葉室麟『蜩ノ記』(祥伝社)

 製作会社  東宝映画
 配給  東宝
 上映時間  129分

 キャスト
 戸田秋谷 - 役所広司
 檀野庄三郎 - 岡田准一
 戸田薫 - 堀北真希
 水上信吾 - 青木崇高
 戸田郁太郎 - 吉田晴登
 万治 - 小市慢太郎
 源吉 - 中野澪
 綱島郷太郎
 大寶智子
 川上麻衣子
 石丸謙二郎
 矢島健一
 渡辺哲
 松吟尼(お由の方) - 寺島しのぶ
 三浦兼通 - 三船史郎
 慶仙 - 井川比佐志
 中根兵右衛門 - 串田和美
 戸田織江 - 原田美枝子

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック