惜しかった・・・

 第87回選抜高校野球大会最終日の決勝戦は敦賀気比(福井)と東海大四(北海道)が戦い3-1で敦賀気比が勝ち初優勝しました。この優勝は北陸勢にとっても春・夏を通じて初めての優勝となりました。

 一方の東海大四は選抜での北海道勢として52年ぶりの決勝戦進出でしたが北海道への優勝旗は持ち帰ることは出来ませんでした。
画像


 北海道出身のボクとしては東海大四の優勝を願っていましたが、敦賀気比の優勝に心から祝福したいと思います。そして東海大四の準優勝も誇らしく思います。

 昔の東海大四は強打のチームで度々甲子園出場を果たしていました。が強打を信ずるあまりに送るべきところで送らず大味な試合運びで敗戦を重ねてきました。そして久しく甲子園から遠ざかっていた訳ですがこの数年、徐々に力を付けて復活の兆しを見せてくれていました。

 このセンバツでも前評判はそれ程高くはありませんでしたが1試合ごと勝負強さを重ねていき昨秋の明治神宮大会でコールド負けした浦和学院にも準決勝で勝ち春夏を通し初めての決勝へ進出しました。

 ボクが嬉しかったのは北海道で駒大苫小牧以外のチームでの決勝進出という事実。オールドファンにとっては北海道では伝統校の北海高校が52年前のセンバツで決勝へ進んだことがありますが東海大四がこれからの北海道でのレベルアップを掲げていくことでしょう。

 この春は実に縁起がいいやねぇぇ~~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック