3月11日に思うこと

 明日は3月11日。

 4年前のこの日は神田淡路町の大型プロジェクトにいた。

 金曜日の午後3時を迎えようとしていた。「明日は土曜日で休みだし今日は仕事を早めに終わらせて帰ろう」等と思いつつ、再開発のパンフレット作成のため販社との打合せを電話でしていたときだった・・・

 未だかつて無い規模の揺れ。尋常ではないのは直感的にわかった。即座に外に出てタワークレーンの状態などを確認して広場に避難した。それでもまだ続いている揺れと目の前にあるいくつもの建物がブランコのように激しく前後に揺れている。

 学生時代に構造力学で学んだとおりの周期で建物が屈曲しながら揺れている。そこから先は余震におびえながらも職場の人達は歩いてでも自宅へと向かっていった。

 ボクは横浜なのでさすがに歩いて帰るのは無理。パンフレットの編集の追い込みでもあったのでその日は完徹で仕事した。余震と言うには大きすぎる揺れの中で正直「このまま帰れないのかな・・・」と目の前が明るくなることはなかった。そして徐々に明らかになる東北の惨状。その光景を携帯ワンセグで見ながら、ラジオを聞きながら次々に入る被害の規模に恐ろしく感じていた・・・

 翌日、少しずつ電車が動き出したので午前10時過ぎに帰宅についた。普段は1時間くらいで帰れるところを3時間くらいかかったはず。

 そこからは天災に覆い被さった原発の脅威。その負の遺産はこの先何十年も未来の人達へ受け継ぐことになる。申し訳ないことである。

 この未曾有の天災を機に人々は互いの命を尊ぶ世の中になった・・・はず。世界各国の方々も日本に対して温かい心を向けてくれていた。


 しかし、最近の世の中は・・・

 ビデオカメラで恐怖を送り込みそしてビデオ映像で殺害を映したり、未成年の少年がナイフで何度も切りつけて殺害したり、親族を5人も殺してしまったり、他人の命をなんだと思っているんだ。

 自分の子供が顔を殴られていても気がつかないってのはどういうことなんだろう・・・と疑問に思うのはおかしいでしょうか?

 ネット上で顔に殴られた青あざがある写真を載せる心境がボクには理解できませんが、おかしいですか?

 殺された少年が青あざの写真を載せられているのに容疑者の現場検証でのあのブルーシートとそれをカニ歩きで移動するまで保護しなきゃいけないのですか?

 4年前とこんなにも他人の命に関して変わってしまったのでしょうか・・・
画像


 今日は重かったですか・・・
 

 例え誰も読まなくても良い。コメントが無くても良い・・・

 でもどうしても書いておきたかったのです・・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック