ビデオグラフティ『スリーパーズ』を観ました

 少年時代に仲間4人でちょっとした悪戯心から他人の命を奪うこととなり少年院へ収監されてしまうことがこの物語の始まりです。
画像


 その院の中では屈辱的な行いが習わしとなっていた・・・その屈辱的な行いを復讐心に変わるのは当然の流れ。

 そうして成人となりそれぞれの人生は変わっていった。検事補となった者、新聞記者となった者、やくざ者でしかなれなかった者・・・・

 そのやくざ者となった2人はある日レストランで院での看守に出会う。そう、屈辱感を味わせられたあのときの男であった。2人はその看守を射殺してしまう。

 それは殺人を犯した旧友を救いかつて屈辱を嫌と言うほど味わわされたにくい看守達への復讐劇の始まりなのです。
 
 この映画はブラッド・ピットをはじめロバート・デニーロ、ダスティン・ホフマン、ケヴィン・ベーコンと名優達が集まった贅沢な作品です。

 なかなか結末が痛快なので、お楽しみ頂けると思いますよ・・・
 

 監督 バリー・レヴィンソン

 脚本 バリー・レヴィンソン

 原作 ロレンツォ・カルカテラ(英語版)

 製作 バリー・レヴィンソン
       スティーヴ・ゴリン

 製作総指揮 ピーター・ジュリアーノ

 出演者 ジェイソン・パトリック、ブラッド・ピット、ロバート・デ・ニーロ、ダスティン・ホフマン、ケヴィン・ベーコン

 音楽 ジョン・ウィリアムズ

 撮影 ミヒャエル・バルハウス

 編集 スチュー・リンダー(英語版)

 上映時間  147分

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック