完成!

 ボクが一昨年の5月より携わってきた文京区にある『拓殖大学第3ステージ教室・図書館棟』建築工事は1月31日に竣工して無事、御施主様である拓殖大学様へお引渡しすることが出来ました。
画像
画像


 この工事は、『拓殖大学100周年ルネッサンス計画』の最終章で工事としては第3期となります。

 建築内容としては地下2階、地上9階で、地下は大規模な図書館スペース、1階は学生ホールと3階までの吹き抜け空間を使った500人収容の大教室(講堂)、3~9階は50人、70人、105人、150人、196人、250人、300人を収容できる教室となります。

 外装は全面テラコッタ調のタイル張りでこれはこの大学の代々を通して継承されている外装イメージだとボクは感じています。

 今後は工事期間中に施工することが出来なかった部分の外構工事を3月末までに完成させ4月の新入学生を新しい建物で迎えることとなります。また、八王子校舎からも一部学部が越してきますので大規模な大学となることでしょう。

 これからの日本を引っ張っていく若人が気持ちよく学業に専念できる建物を作り上げたと自負しています。

 ボクの仕事は地図に残る仕事になるので、それをやり遂げた満足感で今は一杯なんですよ・・・

 やったぁぁ~~!!
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック