今日で閉館の【109シネマみなとみらい】で『ANNIE/アニー』を観てきました。

 今日1月25日をもって10年の歴史に幕を閉じる【109シネマみなとみらい】でラスト上映となる『ANNIE/アニー』を観てきました。
画像


 ご存じの方も多いかと思いますが、この映画はハロルド・グレイの新聞連載漫画『小さな孤児アニー』を原作として製作されたブロードウェイ・ミュージカルが映画化された作品です。過去にも、2作品公開されています。
画像


 今回の作品は、アニー役のクヮヴェンジャネ・ウォレスの存在に尽きると思いました。11歳とは思えない歌唱力やリズム感ばっちりのダンス力。それと、キャメロン・ディアスの「いかれっぷり」バッチシな演技はさすがでした。

 この映画を観て他人を思いやる気持ちとか、前を向く生き方とか純粋な子供の中にこそ宿る物が今の世の中に足りないと教えてくれています。
 
 音楽も心にビンビン来ますよ。ボクは少し映画の後半感極まってしまったシーンがありましたよ・・・

 是非、お時間のあるときに観て下さいね。

監督 ウィル・グラック

脚本 ウィル・グラック
    アライン・ブロッシュ・マッケンナ(英語版)

製作 ウィル・スミス

製作総指揮 アリシア・エメリッヒ
セリア・D・コスタス
出演者 ジェイミー・フォックス
クヮヴェンジャネ・ウォレス
ローズ・バーン
ボビー・カナヴェイル(英語版)
キャメロン・ディアス
音楽 グレッグ・クスティン(英語版)
主題歌 平井堅「Tomorrow」
Flower「TOMORROW 〜しあわせの法則〜」
(日本語吹替版テーマソング)

撮影 マイケル・グレイディ

編集 ティア・ノーラン

製作会社 ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
オーバーブック・エンターテインメント

配給 コロンビア映画

上映時間 118分

 
 さて、今日で幕を閉じる【109シネマみなとみらい】冒頭にも書いたように10年間の歴史に終止符を打ちます。
画像


 今まで、約1700作品、約1600万人を超える入場者が記録されたそうです。ボクも自宅から近いのでよく利用しました。大きなシアターが11カ所、延べ2100名を収容できます。
 シートも大きく座席間もゆったりでストレスを全く感じさせないシアターでした。

 今日のさよならイベントでは支配人の最後の挨拶があり、
画像
その後に全員でクラッカーを鳴らす・・・と言うことが予定されていましたが、火災報知器が作動してしまうとのことで直前に消防からの「待った」が掛かったのは悲しさを一転、笑いを取るというオチになってしまいました・・・
画像


 あんなに大きくて綺麗なシアターが無くなるのは実にもったいないのですが借地利用権が失効してしまうとのことです。企業としての事情もお有りなのでしょう・・・でも、惜しいなぁぁ・・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック