初夢

皆さん、初夢は見ましたか?
画像


さて、初夢は何故元旦の夜から2日の朝にかけてなのでしょう?元旦の朝じゃないの?っていう疑問もあるかと思いますけど。

「初夢」という言葉が初出したのは鎌倉時代に遡ります。『山家集』の中で節分から立春にかけて見る夢を指しています。この時代では新年の始まりを立春としていたようです。

その後江戸時代辺りになると大晦日から元旦にかけて、元旦から2日にかけて、或いは2日から3日にかけての説も出てきたようです。

江戸時代後期になると大晦日から元旦の朝にかけては寝ないでいることも多くなり元旦の夜から2日の朝にかけてが「初夢」を指す説が主流になったようです。また、大晦日は初日の出までと考えてしまえば元旦の夜が新年の初めての夜と考え易いでしょう。

また、初夢の際に見ると縁起が良いと言われる『一富士、二鷹、三茄子』の由来も気になりますけど、これも諸説あるようです。
画像


富士は無事、鷹は高い、茄子は成すという語呂の良さから来る説。

徳川家康の好きだった物を順に並べた説。

家康の故郷である「駿河の国」の名物という説もあるそうです。

いずれにしても夢って時間が経つと忘れてしまうんだけど・・・・

ボクの初夢はなんだったんだろ~~~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック