『ゴーンガール』

 この冬評価の高い作品が封切りされます。

 『ゴーン・ガール』

 
画像


 12月12日から各映画館で上映されますが、小説も話題作として今、売れています。
画像


 上・下巻に分かれている長編です。

 ニック・ダンと妻のエイミーは結婚して5年になりますがその結婚記念日にエイミーが突然姿を消してしまうことが物語の始まりです。

 警察は失踪事件と捜査を開始するものの、一方で報道などの動きを利用して夫のダンにも疑惑を感じ始めるわけです。

 ボクはこの作品を上巻だけ読み通して映画で後半を迎えたいと思います。


 この考え方って面白いでしょ?
 サスペンスミステリーだからはじめから結末がわかって映画は見たくないので下巻は映画を見てから読んで映画との差を見てみたいな・・・と思ってます。

 ゴーン・ガール 上・下 (小学館文庫)
 ギリアン・フリン著 (訳:中谷友紀子)
 定価 本体752円+税

 是非読んでみていただきたい作品です。

 映画を見た後にまた感想をお伝えしたいと思いますので、またその時に・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック