ビデオグラフティ 『ラッシュ/プライドと友情』を観ました

 70年代のF1の世界には二人の天才ドライバーがいました。

 
画像


 イギリス人ドライバーのジェームス・ハント。

 そして、オーストリア人のニキ・ラウダ。

 女や酒にだらしなく努力というものには無縁で感覚ですべてをまかなうハント。

 逆に努力が全てのラウダ。

 神様は努力を無駄にしないラウダに光を差します。

 しかし、そのラウダにクラッシュ事故で大やけどを被いドライバー生命の危機が訪れるのです。

 その事故の原因は自分にあるのだと自戒しているもののその間にトップドライバーの位置を確実なものにするハント。

 しかし、事故から40数日でドライバーに復帰しハントを脅かします。

 二人は互いに否定し合いながらも、実は一番互いを認め合っているのですが・・・


 永遠のライバルというのはどこの世にもいると思いますがこれは互いに互いを高め合うのですねぇ。

 こんな関係の人物がいればボクも良いんだけど・・・

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック